2006年04月02日

FN 開幕戦(?) 富士スピードウェイ

さて、霧は晴れているものの、雨脚は一向に衰えない。FNもSC先導でフォーメーションラップが始まりローリングスタートとなるが、4周したところで赤旗中断。30分以上の中断の後、周回数を44周に変更(本当は全部で65周)して再びSC先導でスタートするも、中断中にやや弱まっていた雨がまた強く降り始め、フォーメーションラップ後1周で2度目の赤旗中断。
ヘビーウェットだから、44周終えるまでには1時間半近くかかるだろう。この時点で16時20分位だったので、レースを再開した場合、終了は18時頃。照明設備のないサーキットで、ヘッドライトのないフォーミュラカーで、レースを行うのは無理に決まっている。中止なら中止だと、早く発表してくれないかな、と震えながら待っていたら、KONDO RACINGのマッチと2人のドライバーがファンサービスに来てくれた。たとえメインストレートを金網越しに手を振って歩くだけでも、自発的に、傘もささず濡れながらファンサに出てくれただけで嬉しいよ。「人気取りのパフォーマンス」と言われるかもしれない。でも、レースが興行であり次の興行に客を呼びたいのであれば、ファンを大切にしていますという姿勢を示すことは重要に違いない。その辺を、20年以上の芸能生活を送ってきた人はよくわかっている。後からやって来てくれたル・マンと5ZIGENのドライバーもありがとね。左近・トラ・道上と来てくれたので、個人的にも嬉しかったです(笑)。

結局20分程で中止が発表されたので、パドック解放には行かずに最終のあさぎりで帰ってきた。
富士のレースが悪天候で中断・中止になるのは、もう慣れっこで折り込み済みだし、無理に開催してまた取り返しのつかない事故を目にするのは絶対に御免なので、それはもう、仕方がないことだ。チケットの払い戻しは無しで、8月のFN富士に振り替え利用可、というのもね。でも、SC先導で4周した第1パートだけでレース成立、ハーフポイント授与(規定周回数の75%以上を走っていないので、フルポイントにはならない)ってのは納得しかねる。蛇行走行のパレードだけで「決勝レース」と言われても…。予選頑張った選手・チームにご褒美ですかそうですか。
運営についても、サポートレースには悪いが、進行が遅れ始めた時点でメインレースのタイムスケジュールを繰り上げるくらいのことは出来ないものかな。
エンジンメーカーが2社となり、ロゴマークも変わった新生FNの開幕戦。とんだケチがついてしまいました。ねえ、本当に富士でF1やるんですか? FNの客は「富士だから仕方が無い」と我慢してくれるけれど、F1の客はもっと気が短いと思うよ。2007年の日本GPは、多分行かないだろうなーと思った。

FN第1戦富士決勝(nifty)
posted by kul at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念でしたねー。
>中断・中止になるが慣れっこ折り込み済み!
かっこいい!!
それくらいになりたいです(笑)
Posted by しんぺ at 2006年04月05日 11:51
かっこよく…はないです。
だって↓こんな調子だし(某所からコピペ・改変)。
-----
90年以降、富士の全日本選手権レースの中止・延期一覧

・1990年05月 富士1000km
・1991年03月 F3
・1991年09月 F3000(11月延期)
・1991年10月 IC富士1000km(赤旗打ち切り)
・1991年10月 F3000
・1993年08月 F3000
・1995年04月 F3000
・1996年10月 F3(メインのFポンは開催)
・1997年03月 JTCC
・1997年10月 F3(死亡事故のため。メインのFポンは開催)
・1998年05月 富士GT
・1998年08月 Fポン
・2005年05月 Fポン(豪雨中断)
・2006年04月 Fポン
-----
このうち4回行き当たってて、我ながら引きが良いです。えーかげん慣れますw
改修で排水性向上したはずが、相変わらず水しぶきがすごいので
事故されるよりは中止の方がマシですね(←97年がトラウマ)。
Posted by kul at 2006年04月05日 19:01
そかあ・・・
折り込んで行かないといけないのですねw
F1来ても結構危ないですねw

それにしても事故は気持ちが落ちそうだなぁ・・・
Posted by しんぺ at 2006年04月10日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック