2006年04月12日

ナビスコ杯予選 第2節 横浜FMvsFC東京 三ツ沢公園球技場

1日休みを取って、荷物を受け取ったり手続きに行ったり届けたり。午後に友人宅を訪ねて猫4匹とご対面した後、横浜へ。雨は降らないだろうが湿度が高くて、寒いのだか蒸し暑いのだかわからない感じ。

伊野波がベンチスタートで、DFラインにジャーンが復帰。増嶋がMF登録だが、実質3バックの布陣。
土曜日に喜び、水曜日にため息をつき、なかなか上手くいくばかりではない、一進一退だなあ、という感想。ガツガツと前から中盤からプレスをかけに来られると、すぐにパスを回せなくなる。まだまだ、連携にも一人ずつの技術にも余裕がない。こちらのやりたいプレーを、先に相手にやられた感じ。前半キックオフ直後から横浜FMがモチベーション高くガツガツと全開で来たことで、気持ちがやや受身に回り、ペースを握られたまま取り戻せなかった。一度持たずに、すぐにどんどんボールをはたいていけたら、プレスに来られても相手は引きずり回されるだけなのにね。というプレーを今日は横浜FMにやられちゃいましたね。セカンドボールもほとんどを相手に拾われ、消耗が激しくて、後半の途中からはまた足が止まってしまった。
3バックと言いつつ、両サイドの規郎と徳永が上がるでもなく下がるでもなく半端な位置にいるので(4バック時でも半端なんだが…)、攻守の切り替えがスムーズでない。規郎は「今、パスを出してくれ」と思ったら、走って前の相手を1人抜いて裏でボールを受けて欲しいんだけどな。止まってその場でボールをもらって、それから抜きにかかるのは、モタモタしててヤなんだけど。徳永についての苦言は、フェイントや身体の強さで抜いて行ったりするのを見ると上手いなーと思うのだけれど、恐らく能力があるが故の見切りの早さにイラッとさせられる。ラインを割りそうなボールを追わない(ラインを割るだろうから)とか、自分は上がっててボールを取り返されカウンターとなったときに自サイドの相手選手を追わない(追っても追いつかないから)とか。そうじゃないだろ、ラインを割りそうなボールも芝生の状態によっては残るかもしれないし、そこに相手選手が追いつくかもしれない。後ろからデカい身体で追って行けば、相手は焦ってパスミスするかもしれない。最後までやんなきゃさー、と。加地の幻影を追ってますかね? あと、2人ともクロスの種類を考えよう。信男さんのグラウンダーの低いクロスを見習うべし。
交代は後半12分の失点後にジャーン→信男さん、その後に規郎→藤山、栗澤→阿部で、最後にはFW4人になったが、どういう訳だか中盤が足りてないものだから、ササがDFの前まで戻ったりしていた。どうせ中盤の足元で繋げないなら、宮沢を入れてロングボールで「行ってこーい」をやらせても良かったんでは、と思った。
両方もったいないような失点だったけれど、内容を考えれば妥当な結果と言えるだろう。試行錯誤が続くね。意見を出し合って、また改善していってください。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック