2006年04月15日

J1第8節 FC東京vs千葉 味の素スタジアム

相変わらず、安定しない戦い方が続く。それとも、迷いのある戦い方と言うべきか。どうするのか、何をするのか、迷う間にスペースに走られスペースを消され、後手後手に回る悪循環。やってる側もそうだろうけれど、見ている側も不完全燃焼でストレスが溜まるなあ。
システム云々の問題ではないと思うのだよね。システムに戸惑って、迷ったままの気持ちが問題。ああまったく要領が悪い。
あまりに不甲斐ない前半に、後半はいきなり3人を交代。ジャーンを最初から入れなかったのは怪我のせいだったの? 3人入れ替えて勝ちに行く姿勢を見せたのはわかるが、じゃあ前半は何だったんだという気もしないでもない。結局、停滞を動かし活性化させるのは、信じて走る男、信男さんなのだなあ。とにかく動いてみる、闘志を見せることで、周りに喝を入れてくれる。こういう試合だとフミさんにもいて欲しいんだけどねえ。
後半立ち上がりにもあっさり崩されて失点するが、PK(ちょっとラッキー…)で1点返し、GK立石のファンブルを赤嶺が押し込み初ゴールで1点差。そう言えば、赤嶺の昨年のバイトデビューは臨海だったっけ。得点すると急に元気にガムシャラになる東京、焦り出す千葉。3バックになってモニまでゴール前に上がって攻めるが得点できず。出来るなら最初からやっときなさいよ、という敗戦。
試合後のコメントを見ると、選手も自分で、迷いが元凶というのはわかっている。別に上手くやる必要はないと思うんだよね。競っているのはどっちが上手くやるかじゃなくて、ゴールにボールを入れること、入れさせないことなのだ。目的と手段を取り違えている感じがする。規郎には「俺が決めてヒーローになってやるぜー」くらいのナルシズムを持てと言いたい。その点、モニを見習いなさい。

ウサ晴らしに帰りに新宿で買い物してきたので、細かいことは忘れました。まあ、もともと戦術云々はよくわからんのだが。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック