2006年04月22日

J1 第9節 G大阪vsFC東京 万博競技場

さて万博。どうせゴール裏改修するなら、盛り土して傾斜をつければよかったのにね。

立ち上がりこそ積極的だったものの、徐々に精彩を欠いていく前半。もはや見慣れた光景か。G大阪もどことなくリズムが悪かった気がするのだが、それにお付き合いしてペースダウン。何だか変だなと思いつつ、うかうかとゴール前まで来られては、急なシフトアップに振り回される。後ろのリズムが悪くても、前でそれを変えられる引き出しがG大阪にはあるのだ。ちょうどゴールの真裏あたりにいたのだが、わずかでもコースが見えたらどこからだろうと思い切りよくシュートを狙ってくる。あ、今、と思うと、必ずシュートが飛ぶんだから、応援する方としては気持ちが良いだろう。栗澤も規郎も徳永も、そこまで行ってもたついて取り返されるくらいなら打って終われーと。パス出しにもたついているのは後ろもだ。モニはいい加減、自分で前にフィードできるようになれ。最終ラインの横パスをさらわれるのは馬鹿馬鹿しいぞ。モニ・ジャーン・増嶋、どの組み合わせでもゴール前にぽっかり穴が空くというのは、やっぱり何か根本的にバランスが悪いんだろうなあ。
前半は、押し上げが遅いというのもあるけれど、途中まで栗澤が持って行っては出し所を探す間に取り返されるというのが目立った。サイドの上がりが遅いのは、昨年みたいな二段ロケットの構えじゃないからなのかとようやく気がつく(鈍い)。サイドが追いつく間、中で繋がないといけないのだろうけど、どうもそれぞれバラバラしている。栗澤、いいから自分で行ってしまえ、といつも思うのだが、気配りと慎重過ぎるのは裏表か。
前半終わり頃に栗澤が負傷して、後半から赤嶺。さらに途中で宮沢に代えて小澤がデビュー。新人2人が一所懸命に前で頑張ったことで、ちょっと雰囲気が変わる。小澤はちっちゃいなーと思ったが、ちっちゃい身体にはガッツが詰まっているっぽい。良い良い。信男さんも、今日も熱かった。ファウル(オフサイドだったか?)の後で藤ヶ谷が時間をかけようとするのを、わざわざボールを置きに行って、ガンつけて戻って行くのに燃えました(笑)。
1-0負けは、あれだけ決定機を作られた割にはマシな結果だろうが、結果を当然と思ってしまうのが何だかなあ。どういう流れが理想なのか、未だによくわからない。とりあえず、失点しないと目の色が変わらないのは何とかしてほしいものだ。それでもまあ、どんな試合だろうと、見に来なきゃ良かったと思ったことはないんですがね。何かしら面白いことはあるからね。
posted by kul at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック