2006年04月26日

ナビスコ杯予選 第3節 FC東京vs横浜FM 味の素スタジアム

徳永が負傷で右SBに伊野波。赤嶺がスタメン。
4月は横浜FMと3試合。3試合のうちではいちばん内容は良かった。三ツ沢以降の千葉戦、G大阪戦、今日と、少しずつ少しずつではあれど改善されてきているとは思う。ボールを動かそう、ピッチを広く使おう、という意識は身についてきたんじゃないか。弱いパスをカットされないように、速く強く蹴るようにもなった。ただ今度は、受ける技術が追いつかなくて上に弾いちゃっているが。
規郎のサポートに宮沢がついているのだけれど、お互いの距離感や動き出しのタイミングが掴めていない感じで、攻撃時に縦にスピードを上げて抜いていけない。左でボールを持っても、毎回同じ辺りで同じように2人がかりで守備に来られてボールを失ってしまう。次の課題は、左サイドに限らずそれぞれの判断を速くすることと、ポジショニングかなあ。これは、声出しも含めて一つのことだと思う。横浜FMが左に注意を向けている分、逆サイドの伊野波が割と自由にできて、クロスを上げるところまで持って行けていた。梶山のヘッドなんて初めて見た。他にも惜しいのは何度もあったのに、決定力がねえ…。
決定力の向上は永遠の課題だが、また別の課題は、ミスを減らすこと。2失点とも、ミスが起点だ。特に2点目は、松田ごときに(と敢えて言う)中央突破されて、何をやってるんだか、と怒るより先に呆れて笑ってしまった。頭の中で攻守のスイッチの切り替えが遅いから、味方のミスの後、取り返しに行くのが遅れるのだ。集中切らさず速く、が難しい。
赤嶺と小澤、泥臭くて良い良い。泥臭さがシュートにゴールに結びつくパスをもっと出してやれるといいんだけど。クリと憂太、早く戻って来い。
ダメダメなところはたくさんあるよ。でもそれぞれ打開しようともがいているし、意図する形がうっすら見えてどこが悪いのかはわかりやすくなってきた。それだけでずいぶん前が明るいんじゃないのか。三ツ沢では試合後に(おそらく磐田戦から突然3バックに変更ってどーなのよ、という意味か)YNWAを歌っていたが、自分は歌う気にはなれなかった。ナビスコ予選突破はもう、これでほぼ可能性はなくなったが、今日の方がよほど歌うに値するほど闘ってた試合だったと思う。

負けた試合で判定にあーだこーだ言うのはアレなので止めておくが、とりあえず砂川主審はポジショニングが悪すぎる。選手の行きたい方へ行きたい方へと動かないでください。だから2度もぶつかって転ぶことになる。試合中にポジショニングが悪いなーと思うことが多いのは、砂川・家本・塩川氏ら。今日の四審だった東城氏も。主審も試合の展開を読んで走ってくれないとね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック