2006年04月29日

J1 第10節 FC東京vs名古屋 味の素スタジアム

雨はほぼ上がった。新宿へ出てお茶してから飛田給へ移動。
右SBには徳永が復帰。ベンチにリチェーリと文丈さん! …でもササが外れた。どうやったら上手く当てはめることができるのかなあ。
共に勝てない試合の続くチーム同士だが、ここはホームだ、これ以上ズルズルと負ける訳にはいかない。昨年の連敗のきっかけになった相手でもあるしね。序盤から皆、積極的に動く。それならと味スタのゴールも働いて、立ち上がりの玉田のシュートはバーに当たる(味スタのゴールはウチの味方だ、とよく思うのですが、間違ってないよね?)。土肥ちゃんも相変わらず神でした。一度飛び出してワタワタしたのはご愛嬌。モニがたまに攻め上がって行くのもご愛嬌(そこまで行ったなら、フィニッシュにも加わってこーい!)。
ルーカスがトップ下に入り、中盤で守備に加わったと思えば、長い距離を走って攻撃にも参加する。1点目はセンターライン近くで転びながら赤嶺へパスを出し、右でパスを受けた信男さんがタイミングを計る間にゴール前へ走り込み、クロスをピンポイントのヘッドで叩き込んだ。そのすぐ後にも、今度は左の規郎へパスを出し、規郎からのクロスを再びヘッドで決めて2点目。2得点とも自分が起点だったね、素晴らしい。
全体に、ボールホルダーを挟みに行って取り返したり、トラップのこぼれ球を受けたりする、互いの位置関係が良かった。後半はルーカスにマークがついてやや動きにくくなったが、今度は梶山が訳のわからなさを発揮していた。梶山も、水曜に続いて好調を維持。素早さを感じないスライディング、変なタイミングで相手をかわし、実は体格の良い体で弾き飛ばし、やる気のあるんだかないんだかわからないドリブルにボールキープ、簡単に狙いすましたパスを出す。ほんとによくわからん選手だ。相手チームにいたら、腹立つだろうなあ。ムラ気を起こさずに、このまま続けていってくれ。今日は自分でシュートも打ちに行っていたが、決定機を2回、楢崎に止められてしまった。もう1テンポ速く!
もう1点取ってしまえば楽に終われたし、あと2分になってからの失点がなければ、土肥ちゃんの無失点記録が更新できたのにね。失点(ミドル自体はお見事だったが)も、シュートを打ち切らずに奪い返されてのカウンターからなので、最後までやり切らなかったのが原因。リチェーリも赤嶺も、シュートで終われ。ちょっと画竜点睛を欠いてしまったが、次節へと気を引き締める冷や水にはなったかもしれない。
ともあれ、4試合振りの勝利。フミさんが今季初出場したのも嬉しかった。今年の東京の勝敗は、実力(あるいは好不調)の差の通りの結果になるんだろうな。GW連戦が続くが、怪我しないで一歩ずつ上って行きたいね。

試合後に明大前へ移動して、先刻の試合の録画を見ながら祝杯。一度見ているのに、やっぱり「頑張れ頑張れ」とか「あー惜しい!」とか言ってしまう不思議。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック