2006年05月06日

J1 第12節 FC東京vs大宮 味の素スタジアム

ベンチに戸田・阿部が復帰。出番があると嬉しかったのだが、そういう展開にはならなかった。3連勝するのは難しいね。

前半早い時間にジャーンが倒されて、PKで先制。その後も押せ押せ。ゴールだけが入らなかった。途中でモニが負傷で増嶋と交代するが、危なげなく凌ぐ。まあ、そのうち入るだろう、と気楽に構えていたのがまずかった。
後半、大宮が中盤のシステムを変更して、これにまったく対応ができなかった。少ないタッチ数で簡単にショートパスを回され、後追いで走らされ、ズルズル下がるしかなくなる。赤嶺→リチェーリは、今日は不発。打っておけばよいところで持ちすぎたり、ボールが足に付かなかったり。走り回らされるだけの展開に、川口→伊野波を入れるが、やっぱりボールを早く動かされてそれぞれ誰を見るのかはっきりしない。あと、こういう展開で中盤を増やしてボールを取り返そうという意図はよくわかるのだが、毎度のことながら東京の選手は(どちらかと言うと)守備的な選手の投入を“後ろ向き”に捉えすぎる。守備的な選手を入れたからって、“=守って逃げ切り”ではないと思うんだがな。そして東京というチームは、気持ちが後ろ向きになるとたちまち崩れてしまうのだ。こうなると、前半のモニの負傷交代が痛かった。
ゴール前でいくら跳ね返してもセカンドボールをことごとく拾われ、いつ点を取られてもおかしくない波状攻撃を受ける。ロスタイムまで1失点で済んでいたのが不思議なくらいだ。ロスタイムには小林大悟のFK一発を喰らって逆転負け。「点取れるときに取っとかないと、取られちゃうんですよー」というヤツだ。それにしても昨年と言い、ホームの大宮戦は煮え湯を飲まされてばかりだな。
後でハーフタイムの監督コメントを見たら、「セカンドボールの対応をしっかりと/相手のセットプレーに注意/後半の入り方、最初からしっかりといこう」となっていたが、全部出来てなかったね。相手のシステム変更への対応・応用力が足りてないんだ。もっと引き出しを増やさないとね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック