2006年05月17日

ナビスコ杯予選 第5節 FC東京vs浦和 味の素スタジアム

キックオフのちょっと後に到着。朝から降っていた雨が、スタジアムへ入った頃からまた降り始めた。
規郎が累積で、浄が今季初出場。腕の怪我もあって前回動きの悪かった梶山がベンチ。伊野波を入れて今ちゃんと2ボランチに。戸田・川口の走り屋2トップの後ろに、ルーカスと初先発の小澤。それとも、戸田の1トップで、後ろにルーカス・小澤・川口が並ぶのか?
小澤はいい選手ですね。もちろん、はたく/自分で行くの判断がずれたりとか、頑張りすぎてルーカスと重なったりとか、わかりやすくまだ足らないところはたくさんある。でも、気後れせずにつっかけて、失敗すれば自分で取り返そうと動き、追いつかなくても後ろから走り込み、と周りを巻き込んで動かしていく力を感じる。エンジンで言えばトルク。精神論を言うのではないけれど、今年の東京は、システムどうこうじゃないなーと。システムが何だか上手くいかないなーというときでも、負けるもんかこのやろーとどれだけの選手が思えるかで、調子が上向いたり下向いたりしている気がする。そういう場面で中盤で声を出してくれるのは、これまでフミさんだったけれど、小澤がフミさんのように成長していってくれるといいなーと。
浄のプレーに派手さはないかもしれないが、安定感と周りに与える安心感はまだまだ規郎の敵うところではない。浄・モニが左後ろを固めると、今ちゃんが積極的に前を向いて行けるようになる。伊野波も横にいたしね。久しぶりに、こういう今野が見たかったんだよ、というプレーが多かった。モニ、今日は集中してて良かったぞ。代表入りは逃しても、ウチの自慢のCBだよ。頑張れ。
戸田が、後ろからボールを受けてルーカスに出してすぐに動き出して、というのをやってて、おお、と思った。何か前と違うことにチャレンジしてるなー。ピッチが濡れててボールが行き過ぎるのか、もうちょっとタイミングが合わなかったけれど、次は上手く行くといいなー。
予選勝ち抜けは決まってて選手のモチベーションに差があったり、ポンテ・小野・鈴木啓太あたりが不在だったりで浦和の調子がイマイチだったのにも助けられたが、東京にとってはボールも人も積極的に動いて、水曜とは打って変わっていい内容になった。前半終了際のFKをはじいた塩田にも感謝。3歩進んで2歩下がる、のシーズンなんだなあ。ゆっくりでも良くなっていってるのだといいんだが、試合ごとに上がったり下がったりがめまぐるしくて、判断が難しい。中断以降に波をつかまえておけるように、福岡アウェイでもいい内容が続くといいね。

帰りにメインスタンド裏で人だかりが。何だ?と思ったら、アマだった! 自然に起こるアマラオコール。王様の御前試合がふがいない内容にならなくて良かった。元気で頑張ってね。中断期間中には、アルテ高崎の試合を見に行くよ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック