2011年03月05日

J2 第1節 FC東京 - 鳥栖 味の素スタジアム

FC東京 [ 1 - 0 ] 鳥栖。

J2開幕。2年振りのスカパラミニライブ。YNWA、Break into the Light、Down Beat Stompで締めだったので、ナオの体調不良が残念だった。

負傷の権田に代わってGKは塩田(残ってくれてありがとう)。CBは今野・森重。徳永を右SBに置いて、左SBには戻ってきた巧。ボランチは羽生さん(ニュウさんもありがとう)と高橋。左に谷澤、右に北斗、2トップは平山と達也。オフのTMもPSMも見てないので、なかなか新鮮な布陣。

前半は鳥栖がDFラインを高く保って、狭い範囲でプレスをかけにくる。東京はボランチ2人がかみ合わず、上がる/下がるのきっかけがつかめなくて、結局2人ともDFラインのすぐ前にいる状態。パスをつなげなくて、ボールを前に運べない。中盤がいないので達也が下りてくることも多く、平山に長いボールを入れていっても、落とした場所に味方がいない。なかなかシュートまで行けず、何とももどかしい。
鳥栖はこぼれを奪うと、速くシンプルにFW豊田へつなごうとする。ミドルシュートがバーに当たった場面もあり、結構冷や冷やのままHTへ。

終了際にオーバーラップしてのミドルシュートはあったものの秀人→健太で右SBにして、徳永をボランチに移した方がいいんじゃないかなーと思っていたが、HTの交代は北斗→セザー。達也が右へ。ボールを持ったら前へ向かっていくセザーを警戒してか、鳥栖のDFラインが段々下がっていく。
サイドがたちまち囲まれることもなくなって、61分、巧のクロスをファーで平山とGKが競り、落としたところに谷澤が詰めて先制。
失点した鳥栖はどんどん高さのある選手を入れてくるけれど、ゴールで落ち着いた東京がしっかり守備を固めて、羽生→ホベルト、達也→健太で逃げ切り。前半は弱気に感じた秀人も後半はまあまあ? でももっと出来るはずだよね。

何とびっくり、約1年振りの味スタでの勝利だ。今年は毎回「眠らない街」を気持ちよく歌えますように。
「よろしくお願いしたいので、よろしくお願いします」と、谷澤の評判通りの天然振りに和み、開幕を祝って晴々と飲みに行く。

-----

「天皇杯を毎試合戦うような感じ」とは大熊さんの試合後コメント。未知のシーズンが始まった。

「未知」というのは、自分が過去のJ2時代を知らないとか、2011年を体験した人はまだいないとか、そういうことでもあるけれど…。

昨年末、村林前社長の“不敗昇格宣言”(全勝ではなかったと思う)を聞いて、J2はそんなに甘くない、と多くの人が批判した。サポだって、それはちょっと難しいんじゃないの、と苦笑した。それでも、選手のほとんどが残留した上に、久々に外国人枠がフルで埋まる様子を見れば、「甘くない」と言いながら「勝って当然」と多分誰もが思っている。

“勝って当然”!? そんな風に思われるシーズンがこれまであっただろうか? 勝つだけじゃ褒められないなんて、まるで名門強豪チームみたいじゃないか。
自分達の甘さから成りゆきで置かれた立場だけど、“強豪チーム”として過ごす初めてのシーズンというわけだ。

立場が人をそれにふさわしく育てるということがあるのなら、チームが育ってもいいはずだ。期待するのは楽々大勝することではない。あきらめないこと、凹まないこと、しぶとく勝つこと。本当に強豪になるための基礎の基礎をしっかり作ってもらいたい。



posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック