2011年04月03日

ツール・デ・フランドル

急いで帰りTVをつけると、ツール・デ・フランドル(ロンド・バン・ブラーンデレン)はちょうど石畳区間が始まるところだった。
昨年ぶっちぎり、今回も直前のE3で圧勝したカンチェラーラが集団から飛び出すが、暑さにも阻まれて先に逃げていたシャバネルと共に集団に再吸収。ミュールの頂上でジルベール、バッラン、ルークマンス、カンチェラーラ、シャバネル、ナイエンスが抜け出す。ジルベールがアタックするが決まらず。ラスト4kmでカンチェラーラが意地のアタック。これにシャバネル、ナイエンスが続き、3人でのゴールスプリントを制したのは、地元ベルギーのナイエンス! カンチェは移籍したけれど、サクソバンクはリース監督誕生日にロンド2連勝となった。ゴールの瞬間、チームカーは大喜び(笑)。
フミも日本人初完走。面白いレースだった。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック