2006年08月05日

A3 JEF千葉vs大連実徳 国立競技場

2試合目は千葉側の自由席に移動。
千葉のサッカーはボールも人も動くので見てて気持ち良い。ボールを受けたら、まず前を向く。それだけで、前試合より爽快感がある。そしてパスを出したらすぐに走る。パスの出しどころを一瞬迷うだけで、サポからブーイングが飛ぶ。普段どれだけいいプレーを見ているのか、羨ましくなります。それでもゴール前で崩し切れずに、逆に自陣ゴール前で中島がトラップミス、これを奪われてクロスを上げられ、ヘッドで先制される。大連はヤンコビッチが迫力あった。阿部の徹底マークを受けてかなりいらいらしていた。
後半にハース→巻、工藤→羽生。羽生はやっぱり好きだー。小さいのにチャンスを作るためによく走る。楽山がPA内で倒されてPK。大連の選手が2枚目イエローで退場。阿部がしっかり決めて追いつくが、すぐ後のゴール前混戦で再び中島がクリアミス、押込まれて追加点を許す。千葉は結城→水野に交代。阿部のロングボールに1人だけオフサイドにかからない位置から飛び出した水野が追いつき、ヘッドで折り返し。これにゴール前で巻が飛び出してゴール。
1人少ない相手にJEFが攻め立てるが、どうにもクルプニコビッチがミスしてばかりで、後ろの席の兄ちゃん達は大変ご立腹でした。もったいない引き分け。
これで千葉がA3首位に立ったものの、G大阪と蔚山が1ポイント差。得失点差は蔚山が大きくリード。さて、どうなるか。退場となった後の試合を見ていて、日中韓の中から審判を出して自国以外の試合を見させるというのは、無理があるのでないかと思いました。

帰りにのコンコースで、前を歩いていた背高くて胸板の厚いでっかい兄さんが、22羽生のユニを着ていて、ちょっと面白かった。
posted by kul at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック