2006年08月20日

J1 第18節 JEF千葉vsFC東京 フクダ電子アリーナ

倉又東京初戦。双方の戦術どうこうではなく、東京の選手・監督・サポの勝ちたい気持ちが千葉のそれより強かった、という試合。粘って粘って、もうダメだなんて頭をよぎることもなく、なりふり構わずもぎ取った勝利。先日「4点取られて5点取って勝つような試合は東京には無理」と書いたけれど、3点取られて4点取って勝った。びっくりだ。
開始から7分で2点失点しても、今日は勝ちたい気持ちが強すぎて、負ける気がしなかった。相手ボールのときにずるずる下がらずに前へ前へと守備して、行けるならば攻撃はシンプルに速く。無駄でも何でも走る。東京って、やっぱりこうだよなあと。ずっと、守備のときでも受身にならずに意識を前に置くことで上手くやってきたのだもの。今年前半は、攻撃時に噛みあわず手詰まりになってたことよりも、守備のやり方にどうしても慣れずに戸惑ったことの方が問題だったと思うのだ。今日も3失点はしているのでまだ守備が立て直されたとは言えないのだけれど、守備のときでも気持ちは前、の姿勢を取り戻せば好転できるんではないか。実のところもっと失点しててもおかしくなかったが、再三のピンチも今期初先発の藤山が最後で読み勝って支えてくれた。使われなくても腐らずに準備して、出番があればきっちり仕事してくれる。ベテランの凄みだね。
負ける気がしなかったとは言え、前半得点できないままだとどうなっていたかわからない。早い時間にルーカスが個人技でDFの囲みを抜けて最初の1点を返してくれたので、皆落ち着いて気持ちを揺らがせずにいられた。エースFWの役目をきっちり果たしてくれたね、ありがとう!
前半終わり頃に佐藤勇人が負傷交代して、梶山の自由度が増したことも大きかった。前半の梶山はパスミス(梶山のせいばかりではないが)もあって失点のきっかけになってしまったりもしたけれど、後半に攻撃の組み立てで挽回。2点目に、左サイドでエンドラインまで粘って赤嶺に出したパスは素晴らしかった。もちろん赤嶺の彼らしいゴールも最高でした。J初ゴールも千葉相手じゃなかったっけ?
行け行けどんどんで梶山のラストパスを受けた石川のゴールで逆転! しかしさすが千葉、さすが羽生、残り5分程という時間にこれまた素晴らしいゴールで同点に追いつかれる。このまま終わっていても、今日は拍手してそれなりに満足だったと思う。けれど、今日は絶対に勝つ、という選手の思いは、自分より強かった。同点とされた後、入ったばかりだった小澤に代えて憂太投入(小澤にはちょっと気の毒だったが)。ロスタイムの勝ち越し点は、その憂太が中央で粘ってボールキープしてフリーの徳永へパス、徳永のゴール前への長いパスに走り込んだ阿部が決めた。試合中、フクアリのアウェイゴール裏はずっと震動していたけれど、4点目が決まった瞬間の揺れは凄かった。
とにかく熱い試合、気持ちで負けない試合、下を向かない試合。この一試合で全部解決したとはまだ思えないけれど、最後まで前向いて戦ってくれるのなら、気持ちよく応援できる。倉又さん徹さんありがとう。さあ、次はすぐ水曜日。気持ちを緩めずに行けるか。

混雑を避けてスタジアムの外で興奮醒めやらず話をして、空いてきたのを見計らって駅へ。新宿まで戻り祝杯を挙げるが、今度はほとんど虚脱状態に陥って、おとなしく飲んで食べて帰りました。ああ、ほんとにとんでもない試合だった。

そう言えば、昨年12月にユースを見に行ったときは、周囲の工場からのにおいがきつくて、この中で試合をするのは大変だと思ったのだけれど、今日は特に感じなかった。夏休みだった?
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック