2006年08月23日

J1 第19節 FC東京vs福岡 国立競技場

タイアップ対象試合ということで、スワローズのユニを着たりマフラーをかけたりしている人もちらほら。SOCIOテントに並びに行ったら、ちょうどべーさんと遭遇。KB田さんから「奥に小澤選手がいますよ」と教えてもらって、ちゃっかりそちらで選手カードを受け取ってきました。テントでお仕事ということは、今日はメンバー入りしてないのか、残念。

正直なところ、福岡が途中で切れてしまったので、集中した試合の次に気の抜けた試合、という悪癖が払拭されたとは言いがたい。吉田主審が最初から景気良くカードを出してしまって、前半22分に薮田が2枚目イエローで退場。2枚目のファウルは仕方がないとして、1枚目のハンドはカードを出すほどのことだっただろうか。逆に言えば、1枚目を受けているところで下手なファウルをやらかすなんて、ということにもなるんだけど。
相手が落ち着かないところにどんどん攻撃を畳み掛けるんだが、なかなかゴールできない。均衡を無理やり打ち破ったのはなんと藤山! シュートが赤嶺に当たり、こぼれたボールをもう一度シュート。DFに当たってコースが変わり、ゴール! その直前にも積極的に上がってきてシュートを打っていて、今日はひょっとして入っちゃうんじゃないの?と思っていたらほんとに入った(笑)。J1初ゴールだ!おめでとう!(サテでは2003年の浦和戦@鴻巣で、豪快ミドルを見てるけどね←自慢?)今日はもうこれだけで十分です、と思いつつ前半終了。
後半、3バックにしてきた福岡に対応が遅れて、ちょっとバタバタする。左サイドでの福岡のスローインに、逆サイドからホベルト(?)が走ってきて、東京のマークがずれた。速いパスを回されてゴールライン際まで走り込まれ、クロスが徳永に当たってゴールへ。うっかり追いつかれてしまったが、その後のカウンターをやり過ごすと、あとは東京の攻撃。気を取り直した徳永のクロスをDFがクリア、こぼれたところを信男さんがシュート、ゴール前でバウンドにひょいとかかとを当てて赤嶺がゴール。パフォーマンスは何故猫?と思ったらシーサーでしたか。直後にもう一度、ルーカスのキープから信男さんがシュート、GKがはじくが、石川がこれをトラップして豪快にきれいな弾道のシュートを決める。福岡の気力はここで砕けた感じ。
伊野波・阿部・憂太を投入すると、石川のCKに高い打点のヘッドで伊野波もJ初ゴール、終了間際には憂太のCKに顔面テーピングの阿部がヘッドで決めて、5-1で試合終了。阿部ちゃん、鼻骨骨折でよく怖がらずにヘディングできるねえ、凄いです。

まあ、今日はとにかく藤山です。ミスタートーキョー!フジヤマトーキョー!嬉しいよー!

試合後、やや凹んでいる福岡出身N島君と合流して、フジの初ゴール祝い。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック