2006年08月26日

J1 第20節 清水vsFC東京 日本平スタジアム

バスツアーで日本平へ。どんよりした空模様だったけれど、結局帰るまで降りませんでした。
清水は好調。何度かサイドで裏を取られて、前半12分に徳永がPA内で藤本に足をかけてしまってイエローとPK。マルキーニョスが蹴るが、土肥ちゃんのプレッシャーが効いたか枠をそれる。双方がDFラインを高くして、ハーフウェイラインを間に挟みピッチの半分くらいのスペースでボールを奪い合う時間が続く。前半はとりあえず0-0で折り返すかと思ったら、終了間際のCKの際に、また徳永がマルキーニョスに対するファウル(?)を取られ、イエロー+PKで退場となる。最初のPKは仕方がないと思ったが、2回目のは一体何なんだ。目の前のゴールで起きたことだが、さっぱり理由がわからなかった。今度のキッカーはチョジェジン。土肥ちゃんがコースを読んで手に当てるが、ボールの勢いが強くてそのままゴールへ。
後半開始から赤嶺→伊野波で、伊野波が右SB。ユーティリティな選手でほんとにありがたい。完全に「守ってカウンター」の戦術になるが、連戦でお疲れモードの梶山とルーカスが前目にポジションを取って戻りが遅く、中盤を好きに使われてしまう(ルーカスは扇谷主審にまったくファウルを取ってもらえなくて、途中からちょっと凹んでしまった感じ。足も痛そう…)。中盤に両SBの裏に、浅利が大忙し。やはり全体に疲労が溜まっているためか、今日はカウンター時の前の連動性も少なくて、ボールを持っても孤立して2・3人に囲まれて取り返されるのが目に付いた。特に信男さん、ボールを持ってからの判断が遅いよなあ。時間をかけずに後ろのフジに一度戻して、すぐに前へ走ってほしいんだが、後ろを向いて受けるとそのままいったんキープして、自分だけの力で前へ抜けようとするので、簡単に囲まれて取り返されてしまう。チャンスのはずがピンチになってしまって、とてももったいない。
残り15分で川口→宮沢で、長いパスでボールを動かしにかかるはずが、直後に伊野波が傷んだ隙にまたチョジェジンに決められ失点。負傷をアピールするのは、相手のボールを自分達で外に出して、試合の流れを切ってからにしないと。オフサイドやマイボールのアピールも同じこと。相手選手も審判も、自分達が有利になるようには動いてくれる訳がないんだから。その辺が、いつまで経っても甘いなーと思う。
ジョーカー阿部ちゃんを投入しようとした矢先に、モニが負傷。すぐに×が出て、増嶋と交代。終盤、諦めはしないもののほとんど防戦一方となったまま試合終了。退場・負傷のアクシデントに加えて、途中投入のミヤも上手く試合に入れず走れなかったので、今日の交代は後手後手になってしまった。

モニの怪我の程度が心配だが、凹んでばかりもいられないので、増嶋を鍛える好機だと考えよう。またすぐ水曜に次の試合だが、今度はさすがに先発入れ替えがあるか? 梶山とルーちゃんは、いっそイエローもらって累積消化と疲労回復を兼ねちゃっても良かったのかも。でもそれでは前でキープできる場所がなくなるか。うーん。憂太と栗澤、奮起せよ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック