2006年08月30日

J1 第21節 FC東京vsC大阪 国立競技場

前座のU-15の試合にはさすがに間に合いませんでした。残念。

徳永が出場停止、モニは肉離れで、右SBに伊野波、CBに増嶋。おまけに増嶋が前半に負傷で、後半から中澤。DFのメンバーを固定できないという不運はあるのだけれど、失点の仕方があまりに簡単過ぎる。東京のキャッチフレーズ(?)を「攻撃サッカー」と言うけれど、自分はそう言いつつ実は堅守の東京が好きなのだ。守りが堅いから攻撃でチャレンジできる、攻めているから守備に余裕ができる、東京の「攻撃サッカー」ってそういうことじゃないのか? まずは要らない失点(まあ、失点なんて本当は全部が要らないんだけど)を減らすこと。攻撃の形は、何となくだができていなくはないんだし。
左サイドは藤山+阿部ちゃんだったが、阿部ちゃんの位置が中途半端に低くて、フジと噛み合わなかった。阿部ちゃん、サイドに張り付いて足元でパスを受けたがるのは、らしくないプレーだよ。後半に憂太が入って、少しは左サイドのグダグダ感が改善されたか。右の伊野波+石川も、一人が開いた、さらに外へもう一人が開こうとしてどうする。両サイドとも、仕方がないけど、連携不足でした。連戦と怪我が恨めしいが、でも条件はどこのチームも似たようなものだから、愚痴を言っては甘いんだろう。

監督が変わって、テンションの高い試合、なんとなく大勝しちゃった試合、多少審判に問題のある試合(?)ときて、ここで「何とかなるだろ」とチームの気が抜けちゃった感じ。連戦の中で集中力を保てない悪癖が改善されないなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック