2006年09月16日

J1 第23節 京都vsFC東京 西京極スタジアム

阪急の西京極駅でG間さんI井ちゃんと出くわす。味スタでは会わないのにアウェイに行くと顔を合わせるね(笑)。

試合は、…うーん。1点取られると、またたちまちシュンと萎縮するようになってしまっている。試合の中で怖いのは、「失点すること」より「負けること」だと思うんだけどね。気持ちが後ろを向いているから、ボールを持ったときの攻撃への切り替えが遅い。相手が引くのと同じスピードで攻めて、密集している中で細かく正確にパスを回せるほど、皆上手だったかね? おまけに密集の中で立ち止まってるし。そりゃあ、当然、パスカットされるわ。一本調子で同じことを繰り返して、PAの外でグルグルとボール回して、シュートも打たずに結局ボールを失ってカウンター。見ている方は徒労感が募るのだけど、実際プレーしている者として違うことをやってみようとは思わんのかな。
PKはフジが足をかけてしまったようにも見えたので仕方がないとは思うが(それにしてもここ4試合でPK4回献上ってのは多過ぎる)、ワシントンの退場はないだろう。FKが直撃して相手が倒れたら、こちらのファウルになるなんて、初めて知ったぞ。でも、奥谷主審の判定にも不満はあるが、チームのプレーの方に問題あり過ぎ。

良かった探しをすると、今ちゃんが復帰したことか。今日はまだまだ試運転だったけれども。これで少しはDFが落ち着くといいんだが。

【9/21追記】
J SPORTSで見たら、藤山じゃなくて伊野波が押したのね。とっさのイメージだけで書くと間違ってるなあ。
解説の遠藤雅大さんが「伊野波と今野が互いに要求し合ってない」「声がない」と言ってたが、観戦中、応援のチャントが止んだときに、土肥ちゃんの声だけ響いていたのを思い出した。自分も、声が出てないなあと思ったのだった。モニが戻れば、DF面での声は出るようになるだろうが、中盤から前で声出せる選手がいないのは困る。梶山、もっと要求してくれ。
思い出したので、ついでに。セットプレー時に、東京の選手は相手DFを振り切る動きが少ない。皆、素直にボールが蹴られるのを待っている感じ。キッカーよりむしろ、中で競る側の問題が大きいんではないのか。清水戦のときに、チョ・ジェジンのDFの振り切り方・身のかわし方が上手くてコエェーと思ったのだけれど、そういうのは持って生まれた感覚?練習で身につくものではないのかね?
posted by kul at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック