2006年09月23日

J1 第24節 G大阪vs川崎 万博記念競技場

新神戸に着いた途端、社員各自が自由行動開始(笑)。自分はとりあえずホテルへチェックインして荷物を置き、万博公園へ移動。

前半はホーム側からアウェイ側へ向かって強い風が吹いていて、上着を着ていても寒かった。ロングパスは風に流され気味で、ちょっとやりにくそう。立ち上がりは川崎が積極的に攻撃に出て、G大阪はそれを落ち着いて受けるという感じ。双方パスが速い。選手一人ずつの技術を比べるとG大阪が少し上で、川崎はその差を連動性とスピードで埋めているように見える。トラップが流れたら必ず他の味方選手が走り込んで拾うとか。DF時のスライディング等がガツガツと危ない感じになるのは、プレーのスピードを上げようとするからなんだろうと思う。
速くて気の抜けない攻防の中、ジュニーニョとシジクレイのマッチアップからこぼれたボールを加地が拾ったところにマギヌンが足裏を見せて行ってしまい、一発レッドで退場。その後ジュニーニョも負傷交代。川崎はそれでも1人少ないことを感じさせずに試合していたが、DFのクリアミスを二川が拾ってシュート、GKがこぼしたボールに抜け目なく播戸が詰めてゴール。播戸は試合中に何度も斜め走りを繰り返していて、あー、ダイアゴナルの動きってこういうことかーと勉強になりました。

後半になると風がやや弱くなって、凍えていたので一安心。開始早々、川崎がどうやって試合に入ろうかと考えている間に、再びDFのミスを遠藤が拾って二川へパス、二川が落ち着いてGKの股抜きでゴール。試合を分けたのは、マギヌンの退場よりもこの2点目のゴールだったのではないか。この後、ナビスコ準決勝から中2日というのもあって川崎はすっかり運動量が落ち、退場が出たためらいからかプレーの積極性も薄れた。こうなるともうG大阪のペース。またもDFのミスを遠藤が拾ってマグノへパス、マグノのシュートはバーを直撃するがそのままバウンドしてゴールへ。中盤で奪ったボールを受けてDFに追いすがられながら走り込み、マグノが4点目をゴール。

傍観者的に前半は面白かったんだが、後半は一方的になってしまい、モノレールが混むし先に帰ろうかなーとちょっと迷った。試合終了まで見ていたら、やっぱり公園東口駅で入場制限に遇ってしまいました。
加地は全体のバランスを見て、遠藤が中に寄って前が開いているときには攻め上がるという感じ。“20番追い越し車線”なだけではなくなったのねー。今日は大きな怪我をしなくて良かったです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック