2006年09月30日

J1 第25節 FC東京vs新潟 味の素スタジアム

怪我やらコンディション不良やらちょっと頭を冷やして考えようやら色々だけど、ルーカスと石川がお休み、ジャーンと梶山はベンチ。平山が初スタメンで戸田と2トップ。
毎回メンバーを固定できないのでは、連携も何もあったもんじゃないだろうなーというのはわかるけれども。でもねえ。どういうイメージで攻める/守るの最低限のイメージ共有ができてない感じ。1点取るまでは戸田が平山の周囲を走って、両サイドの川口・栗澤とボランチの宮沢・今野を繋いでいたが、先制した後、段々それぞれ距離が開いてバラバラになっていった気がする。そうなると、平山にはしっかりマークが付いているのにフォローがなくて、ロングボールを当ててもこぼれ球を拾う役がいない。キープ役がいなくてどんどん動かせ裏へ走れっぽい布陣なのに、受け手が離れているし動き出しも悪いので有効なパスが出せない。ボールや相手が動くのを見てから動いたって、間に合う訳ない。セカンドボールをまったく自分のボールにできなかったね。何とかしなくちゃと思うあまりに、視野狭窄を起こしている気がする。予測の範囲が狭いのだ。自信がなくなって焦っているからなんだろうなあ。しかし、徳永・伊野波が自分の逆のサイドにあるボールを気にしすぎて、自分のサイドでフリーになっている選手に気付かないのは、今年の初めからの問題だと思う。ボランチなりCBなりが声出して注意するべきでは?

サポだ何だと言ってみたところで、できるのは頑張れと言うことだけだからさ。これじゃダメだと思うのも、チームを1個の生き物として組み立てるのも、自信を取り戻すのも、選手に自分達でやってもらうしかないんだよね。昨年の連敗時期にも書いたけれど、こんなはずじゃないのに、こんな順位にいるはずじゃないのにと思っていたってダメなんだよ。現実に自分達がどういうプレーをしているから、こんな試合結果が続いているのかを、目を開いて見直してみてほしい。

試合後に混雑を避けて帰ろうとMFP前でぼーっとメールを打っていたら、M田さんに遭遇。平山のみ目当てのマスコミがウザい等とボヤきつつ帰る。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック