2006年10月18日

J2 第45節 東京Vvs湘南 味の素スタジアム

ねえさん経由のご招待で味スタへ。久しぶりにメインに来ると、普段とは角度が90度違うのでピッチ上の距離感が違って見えて、ちょっと混乱(苦笑)。すっかりゴール裏用の視覚になってる。

立ち上がりは五分五分だったけれど、大橋のCKが反対側のポストに当たってゴールイン。先制後は東京Vが元気になって、湘南は押されっ放しになってしまった。動き出しと1対1で、東京Vの方が勝っていた。
湘南はツキもなかったけどね。FKとシュートと、2回バーに当てちゃって、こちらは得点にならなかった。サイドが空いていれば駆け上がるサッカーが自分の意識には染み付いてしまっているので(最近あんまり見てないけど)、前が空いていても横に繋いで相手に詰められてボールを失う繰り返しに首を傾げた。…ウチも最近、そうか。
選手がイマイチわからない上に、コンタクトレンズを忘れて行ったので、詳しいことはわかりませんが、オマちゃん・タカトシ・タイセー・喜名さんが元気そうで何よりでした。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25767910
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック