2006年10月22日

J1 第28節 FC東京vsG大阪 味の素スタジアム

スイッチ入るの遅いし、上手でも賢くもないし、要領は悪いし、すぐにションボリするし、ホントにああまったくこの野郎と何度も思わされてるけど、いったんスイッチが入るとこんな試合をやってくれたりするんだから、愛してる東京。馬鹿な子、手のかかる子ほど可愛いのだ。…見てて疲れるので勝つならできれば普通に勝ってください、と思わんでもないんですが。まあいいか。「浦和を逃がすな」の空気読まないのも、ウチらしくていいか。読んでる余裕なんてないもんね。

平山とルーカスの初コンビ、CBは累積のジャーンに代わって伊野波。平山とルーカスがかみ合わなくて、前の方はお互いに何をしようとしているのか混乱気味。梶山は何とか部品を組み合わせようとしているように見えたけれど、そうすると守備がおろそかになってしまって、石川が広いスペースをカバーしなくてはならなくて大変。徳永ももっと上下動して協力してほしいんだが、上がった裏を取られて追いかけるのが怖いのかなあ。右サイドは石川・徳永が1stチョイスなんだろうから、2人で連携を話し合ってくれ。
平山は試合中ほとんどDF3人くらいに囲まれて、ボールを受けることができなかった。平山1人でマイボールにできないなら、やっぱりすぐ近くでこぼれ球を拾う世話役=梶山が必要で、でも2人で1セットと考えないといけないようでは、他の選手の負担が大きくなるから、平山は自分でマーク外してボールを受けるとか、もうちょっと頑張ってくれ。
選手個々の技術も、チームとしての機能性も、G大阪の方が数段上。出し所に困った挙句のパスミスを簡単に奪われて、後ろからも次々に顔を出す選手にパスを回されて、前半は呆気なく2失点。1点目は播戸のゴールよりも、マグノのキープから反転してのクロスが溜息が出るほど上手かった。
久しぶりに3万6000以上も入った味スタで、前半早くも0-2。後半途中までは、やっぱり無理かねえと思っていた。前が停滞したままなので54分に平山→憂太。憂太が前で動いてボールキープするが、周りがパスを受けるように動いていないのでなかなか有効なパスを出せない。64分に加地とマッチアップした戸田→脱臼手術から帰ってきた規郎で、お疲れ加地さんに勝負をかける。それでもなかなかシュートまでいけずにカウンターを喰らうが、土肥の好セーブを始めDF陣が踏ん張る。76分、疲労からミスの増えた梶山→宮沢で、中盤でボールを動かせの交代。直後の77分、藤山から前線へロングパス。合わせる選手がいるか?と思ったら、今野がちゃんと走っていた! 飛び出したGK藤ヶ谷をトラップでかわして、サイドから流し込んでゴール。喜びもせずすぐにボールを抱えてセンターサークルへ走る。まだ時間は十分ある、いけるいける! その通り、81分に左サイドで憂太からボールをもらった規郎がゴールへ突進。でも外の憂太へパスだろう、とG大阪DF陣は思ったんだろう。誰も寄せてこない。コースが空いた、「ノリオ行けー!」と叫んだところで、規郎は思いっきり左脚を振り抜いた。豪快な同点弾。なんて気持ちの良いゴール。このまま行ってしまえ!と、前半と一変したスタンドの盛り上がりの中、再び左サイドで今野・規郎でパスを繋ぎ、DFに挟まれながら今野が粘って規郎へパス。規郎はライン際まで駆け上がってマイナス気味にグラウンダーの速いパス。ゴール正面で待っていたのは石川、DFに迫られながらもきれいにトラップして、しっかりと逆転のゴール! 走り続けた石川にご褒美だ、良かったなあ。それにしても7分で3点。ここだけ見ると、点獲るなんて簡単に思える(苦笑)。シュートは撃たなきゃ入らない、案ずるより生むが易しですよ。
72分に播戸が下がって、これでDFの気持ちが楽になったのは事実だろう。それでもマグノはいるし二川はいるし、怖いことに変わりはない。焦る相手に集中してDFしていたが、最後の最後にゴール正面でFKを取られる。壁を作るのに随分時間がかかり、集中が途切れないか心配したが、土肥ちゃんが見事に弾き、しっかり抱え込んだところでタイムアップ。

スタンドが逆転後から試合終了まで歌っていたのは、「眠らない街」ではなくYNWAだった。そうだよ、やればできるんだよ、だから自信持って一緒に行こうぜ、って感じか。ウェーブもあり、ご機嫌石川のシャーもあり、みんな笑顔で、こんな日に飲まずに帰れるか。
飛田給で祝杯を上げて帰る。帰ってからまた録画鑑賞したのは言うまでもない。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26036608
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック