2006年10月28日

J1 第29節 大宮vsFC東京 駒場スタジアム

平山が外れて憂太、梶山が累積休みで宮沢先発。開始1分も経たないうちに左サイドでFKのチャンス。直前にアリソンが傷んで外に出ていたので、大宮は集中しきれなかった感じ。ミヤの蹴ったボールに、ニアでフリーの今ちゃんが頭で合わせてあっさり先制。あれあれ?戸田のファインゴールで秒殺先制して残り89分はグダグダだった京都戦を思い出した。
国立での京都戦までひどくはなかったとは言え、後はお互い特別面白いということもなく。こちらは追加点を奪えず、相手は決定力に欠ける、と。しかし、前半途中に古傷を傷めたらしいモニが後半早々に交代して、代わって入ったのはフミさん。CBは双方本職でない伊野波と今野。そんなバタバタがありつつも無失点に抑えられたのは良かった。最後に大宮が長身の森田を入れてきて、増嶋に出番が回ってきたのも良かった。マス、準備していれば必ずチャンスはある、頑張れ。
大宮がゴール正面あたりでファウルを受けるのは、やっぱり大悟にFKを蹴らせるために狙ってるのかなあ。

Kさんとは昨年の大宮戦で初めてお会いしたのだが、いつもの調子で試合中に家本主審に「ふざけんなー」とか文句言ってたため、怖い人だと思われていたと後で聞いて反省しました。が、結局今日も吉田主審にガーガー文句言ってました。ちっとも反省できてなかったようです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック