2006年11月05日

天皇杯 4回戦 FC東京vsバンディオンセ神戸 味の素スタジアム

暑い。もう11月なのに。夕方冷えるかと思って上着を持っていったが、必要なかった。試合中はパーカも脱いでタンクトップで観戦していた。

GKは塩田、CBは伊野波と増嶋。個人的にMOMは塩田にあげたい。
地域リーグということは、4部にあたるのか。さすがに3段階違うと、それぞれチームとしてどうかということより、普段やっている試合の差が出た感じがする。J1の選手って、よく走ってるんだなあと。B神戸が引いて守ってカウンター、という戦い方なら、こんなに点差はつかなかったかもしれないが、ちゃんと持ち上がって繋ごうとしてミスが出るという感じだった。和多田のロングスローは、凄い飛距離・スピードだった。V神戸時代よりレベル上がってないか。
皆、手を抜くということはないにしろ落ち着いてプレーする中で、一人、常に120%で動く今野。いい選手だ、本当に。相手の足元から掻っ攫っていくボール奪取が際立っていた。
阿部ちゃんと信男さんは、落ち着いて確実にやろうとし過ぎてか、逆にGK正面ばかりになってしまっていた。うーむ。増嶋が口火を切って、ルーカス・憂太・規郎が2点ずつ取ったので、後は天皇杯男の阿部ちゃんが得点すれば完璧だったんですがね。2アシストだけどね。

B神戸の選手は後半途中からはバテバテの様子だったが、それでも最後まで走って守って攻めようとしていた。これから全国地域リーグ決勝大会だそうだが、何か収穫があって帰ってくれたならいいなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26961934
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック