2006年11月11日

J1 第30節 FC東京vs川崎 味の素スタジアム

夜半から雨が降り始めたが、前半途中にはあがった。急に冷え込んできたようで、手袋着用の選手も数人。

3点差を引っくり返して逆転勝ちではあるのだが、すっきり喜べないのは奥谷主審大活躍で川崎が2人退場したのと、そもそもウチが自分のミスから4失点しているためだ。主審の名前を見たときに、流しまくりで荒っぽい試合になって怪我しないといいなあと思ったが、流すことが問題なのじゃなくて、基準を示して抑止力を働かせられないままいきなりカードが出ることが問題で、そのせいで選手が戸惑って試合が荒れていくんだな。
前半、ミスから3失点するも、ルーカスのシュートがバーに当たったりGK吉原にぎりぎり弾かれたりと決定機がない訳ではなく、まだどっちに転ぶかわからないなあという感じで折り返し。ただ、前線3人だけで点の取れてしまう相手に対して、DF陣が立て直せるかが不安。川崎との対戦は0-0、1-1、2-2ときているので、今回は3-3だろうと思っていたら、後半開始早々に、ハイボールの処理を誤って裏に抜けられきれいに失点してしまった。あら、じゃあ3-3は飛ばして4-4なのかしらと考え直す。
失点のすぐ後、大量リードで気の緩んだ相手に、憂太がエンドライン際からのFKで早いリスタート。蹴る直前に戸田と目が合ったのがわかった。まったく準備できてなかった川崎選手の手前で戸田がゴールへ流し込み、再び2点差に。3点くらい、7分あれば取れるというのはG大阪戦で確認済みだ。このまま行け行け。後で思えば、このゴールは本当に大きかった。
そのまた2分後、PA内で倒れたジュニーニョがシミュレーションで2枚目のイエロー、退場。これで川崎はバランスを崩し、ずるずると後ろに引いてしまった。東京は、少し足を痛めたらしい石川→規郎、梶山→宮沢、戸田→平山と次々に交代して、サイドの切り込みとゴール前へ放り込みに狙いを絞る。川崎も必死でなかなかゴールを割れなかったが、83分になってゴール前の混戦、GKが前に出てのクリアミスを規郎が繋ぎ、平山がガラ空きゴールにヘッドで押し込み1点差。直後に徳永がハンドを取られて相手FKとなるところで、主審のセットしたボールを放り投げて動かしたマルコンに、遅延行為で2枚目イエローが出て退場。これはちょっと厳しいというか要らないカードだったと思うが、退場・交代時とか痛がったりとか、その他の部分でちまちまと時間をかけて積もってきたのが、たまたまきっかけを得て全部まとめて1枚という感じなのか。気の毒ではあるが、選手も1枚もらってるんだから要らんことするな、ということでもある。2人退場となって、川崎はますます引いてゴール前を固め、痛んでは時間を使ってくる。そのため、ロスタイムは6分。
ロスタイムに入ってすぐ、後方の藤山からのクロスを平山が競り、こぼれたボールをDFがクリアミス。規郎が拾って右サイドへ送ったボールを、フリーの宮沢がヘッドで押し込み同点。ミヤが興奮のあまり看板越えてゴール裏へ駆けて来て、ルーと平山もやって来て大喜び。一緒に喜びたいのは山々だけど、まだ同点なんだよ!これで満足してられないんだよ!という訳で、叫んだのは「ミヤ何やっとんじゃ早く戻れー!」でした。
イライラを溜める川崎DF森に規郎が削られ痛そうだが、ここでも「規郎立て!頑張れ!」ちょっとひどい。ごめんね規郎。
じりじりと時間は経過。残りわずか、完全にゴール前に選手が集まって、広々と開いたPA周辺のスペースで、徳永から今野へパス。フリーの今野、一瞬迷って、自分でシュート。DFの足元を次々と抜けて、ボールはそのままゴールへ。1-4から5-4へ。すごいことはすごいんだけど、何なんだ、このバカ試合。まあ、相手が退場したのはウチのせいではなく、普通に好機を逃さないように攻めた結果の勝利なので、東京の選手とベンチが3点差を逆転したことを優勝したかのように喜ぶのは至極当然だろう。
収まらない川崎ベンチは、試合後に挨拶なんかするなという感じで選手を呼び戻し、観客に挨拶、相手チーム・審判に挨拶していったのは箕輪・寺田・伊藤の3選手だけだった。箕輪は、森がガーガー切れているときにも静止に入ったり、ルーカスが怒ったときにも宥めに入ったり、出来た人だなーと思いました。

川崎のタックル等が少々荒っぽいのは、プレーのスピードを上げようとしているためだと思うので、これについてはある程度はリスペクトしているというか仕方がないことなのだと思う(が、速いプレーを危険のないようにできるだけの技術が足りてないのは問題だと思う。あと、ボールがない場所でも荒っぽいのはイカンと思う)。関塚監督は「判定の基準が練習と違いすぎる」とコメントしているが、カードが出たのはファウルに対してのみじゃないってわかってるかな。「マリーシアとは、好きな女の子を口説くための駆け引きみたいなもの」みたいなことを『Foot!』でマリーニョさんが言っていたが、時間稼ぎや見つからないようなファウル以外のズル賢さというのもある。練習で教えるならそっちの方じゃないかしらん。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27349661
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック