2006年11月23日

J1 第32節 FC東京vs横浜FM 味の素スタジアム

Kさんは、特にどこのファンでもなく、スポーツ観戦が好き。東京の試合に呼ばれて来て、これまで勝ち試合しか見たことがないという希少な人。今日の敗因は、そのKさんが、マリサポのマキさんに連れられてアウェイ側で見ていたためでしょう。

CBにジャーンが戻ってきたが、U-21代表に呼ばれていた伊野波と梶山は休養。平山はベンチ。CBに今野が入って、ボランチは文丈さんと宮沢。
まあ、どっちもどっちというグダグダな試合で、両チームとも中盤・中央から組み立てていくということがまったくない。両サイドしか使っちゃいけないようなボールの動き方。今ちゃんが前に出てこれないと、皆が守備やらなきゃーと余裕がなくなってボールに寄って行ってしまうのだな。憂太が前からボールを追おうと頑張ってたのはわかるが、今日は逆に真ん中に構えていてほしかったかも。
それでも前半にPKで先制できてしまって、石川はドトゥラを封じてチャンスを作っているし、相手のシュートは何だか勝手に逸れて行くし、後半もこのままで1-0で終わるんじゃない?と思ってしまった。多分、選手もどこかでそう思ってしまったんだろう。
後半途中で、交代カードを切った辺りから、風向きが変わり始める。好調に見えた石川に代えて規郎。フミさんもミヤも疲れてきてるがどうする、と思ったら、ミヤ→平山。横浜FMは隼磨→奥、狩野→マルケス、坂田→吉田。戸田が右サイドへ移ったが、彼ももう疲労が溜まってドゥトラを抑えられない。おまけに、向こうにはそれまでとリズムの違う奥とマルケスが入って、東京のDF陣は対応しきれない。奥とかマルケスとかをベンチに置いておける辺りが、横浜FMの底力かね。
何だか呆気なく失点して、あれー?という感じで逆転されてしまいました。自分も油断していたので、選手を怒るに怒れないというか。お互い馬鹿よね、というか。

で、終了後、飛田給でマキさん・Kさんを交えて、祝勝会&反省会。反省点としては、Kさんをもっと強力に東京側へ勧誘しておくべきだったなと。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28285613
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック