2006年11月24日

試合前々日の味スタ

味スタ隣りにサルをやりに行ったら、浦和サポがもう大量にガムテープを貼って、さらには鍋だか何だかやって盛り上がっている一団あり、あちこちのベンチにポツンと座って待つ人ありで、吃驚した。もっと驚いたことに、サルコートのスタッフが言うには、今日ではなく昨日から並んでいるとのこと。…試合は日曜なんだがなあ。当日券に並ぶならまだわかるが、当日券は売らないんだがなあ。

まあ、そんなことよりももっと驚いたのは、文丈さんの引退発表があったと聞かされたことなのですが。そうか…。
どこまでも現役に拘る道も、思い切ってユニフォームを脱ぐ道も、どちらが正しいということはない。ただ誰もがいつかどっちかを選ばないといけないというだけのことで。そうして、フミさんが東京でユニフォームを脱いでくれたことは、嬉しくて寂しい。ありがとう、どうもありがとう。でももっと一緒にいて、フミさんが胸のエンブレムを叩く姿を見たかったです。
日曜日、勝って、笑顔でフミさんを味スタから送り出そうな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック