2006年11月26日

J1 第33節 FC東京vs浦和 味の素スタジアム

試合前に携帯サイトを見て、塩田がスタメンであることに驚く。倉又監督、思い切ったことを。しかし、いつか必ず土肥の連続出場記録も途切れるときが来るのであれば、それが今日であることは必然であるように思う。皆が気持ちを入れ直さなければならない日だから。また、記録に拘っていると、土肥ちゃん自身も心身共に磨り減らすことになるだろうから。シオは10番のセカンドユニを下に着て、前半のキックオフ前にはゴールの左右ポストに顔を寄せて何か言葉をかけていた。リーグデビュー戦がこの大一番。頑張れ!

フミさんはベンチスタート。試合前のアップ時からフミタケコールを受けて、もう目元を拭っている涙もろいフミさん。相手がどうであれ、勝とう勝とう、と、久しぶりに心地よく集中した試合となった。ジャーンがワシントンを捕まえて、中盤は今野・梶山・憂太が入れ替わりつつ走って相手のパスコースを塞ぎ、ボール奪取。初優勝のかかったプレッシャーか、負けなければいいやと思っているのか、浦和に勢いが欠けることもあって、何度も右サイドからチャンスを作る。が、あと一歩、決まらない。
後半に入っても、気合で押せ押せの東京。しかし、シュートが枠に行くようになると、今度はGK山岸が乗ってきてしまい、何度もパンチングで弾かれる。浦和は途中から引き分け狙いになったようで、攻撃はセットプレーとカウンター。東京のDF陣が身体を張って防いだり、ギリギリ枠を逸れたり。どっちも入りそうで入らない。
随所に気持ちの入ったプレーの見られる、面白い試合だった。クネクネとDFをすり抜ける梶山を堪能できたし、憂太はゴール前まで戻って守備しているし、ジャーンは完全復調のようだし、塩田は前に出て行って防いだし、石川はどんなパスにも諦めず走るし。欠けていたのは自分達のゴールだけだ。でも勝つためにはそれが必要なのだよな。
気持ちの良い試合だったが、引き分けたのは悔しいね。目の前で浦和の優勝を見ずに済んだ、と言っても、だから何だ。終了間際、塩田は時間稼ぎをするべきではなかった。あそこは、時間を使わずに是が非でも勝ちに行く場面だったはずだ。フミさんのためだけでなく、チームの順位を1つでも上げるためにね。そこだけが不満でした。

終了後のフミさんの挨拶は、何も特別なことは言わず、誰彼に感謝を述べるものだったが、一言ずつ大事に言うのがフミさんらしい、よいスピーチでした。自分は何故か、93年のJリーグ開幕戦をチケットをもらって見に行っていて、あのときフミさんは、マリノスのベンチにいたんだね。デビューはその後の第3節名古屋戦だが、一応、Jリーグでの最初と最後の試合を見ることになる? 試合前に、ゴール裏は初めて「スタジアムへ行こう」を歌った。「今日の試合は特別なのさ」とね。勝ちたかったね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28357697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック