2006年12月01日

ありがとジャーン

ジャーンの退団がほぼ決定であると、トーチュウにも出てしまった。
今季失点が多いのは、守備組織がぶっ壊されたからでジャーンのせいじゃないだろ!と憤る気持ちもあり、故障で稼働率が下がるところに外国人枠を使うのは厳しいという事情も多少は理解でき…何年も同じチームで出場していれば外国人枠から除外されるとか、そういう例外条項はできないものか(泣)。
サッカーを東京を見始めたときから、最終ラインにはジャーンがいるのが当たり前のことだった。来季は大きく、色々なことが変わるんだな…。
ジャーンがまた、良いチームとめぐり合うように。そうして、ときどきはジャーンの出ている試合を見に行けるといいなあ。本当に本当にありがとう。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック