2006年12月03日

寂しい季節

昨日のスタジアムからの帰り途と飲みの席で凹む話を聞かされて、ああ、やっぱりこの時期は大嫌いだと思いながら就寝。
ホテルの朝食のラウンジは、青赤い人だらけ。
駅前で買い物してバスで空港へ。乗り込んでくる人も8割方は青赤い人達。

空港で搭乗待ちしていたら、深川にいるねえさんからU-18の速報メールが届き始めて大感謝。試合終了まで見ることができず、羽田に着いてメールを見たら、5-0で磐田ユースに完勝したとのこと。まずは良かった。来週は岡山からその日に帰ってフクアリへ行こう。

で、戻ってみたら、オフィシャルにジャーンと大志の退団が発表されていた。大志、こうなることも覚悟の上で、今季初めに社員からプロに契約変更したのだよな…。頑張れ頑張れ!

多分、東京サポ、特に自分のような新しくサポになった者は、こういうお別れにあまりにも不慣れなのだろう。が、慣れることもないだろう。この先長く見ていれば、それだけ別れも出会いもあって、誰が選手・監督であろうとも、東京というチームを好きでいられるといいなーと。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック