2006年12月09日

天皇杯5回戦 清水vsFC東京 桃太郎スタジアム

朝食後に、スーパーいなばで岡山へ。あらら、雨降りか。でもそんなに寒くない。
試合前に、コア層がゴール裏芝生席の方へ移動していくので、また行進やるのかーと思っていたら、「桃太郎さん」を歌い出した。歌いながら行進を始めた先頭には、かぶり物の犬猿キジが組んだ騎馬にまたがった、チョンマゲヅラの桃太郎(笑)。ネタ仕込んでますねえ。バックスタンドの地元の高校生達にもウケてた。

で、試合。全然負けるような内容じゃないのに、負けてるんだよねえ。せっかく流れの中ではチョ・ジェジンを抑えたのに、セットプレーで自由にしちゃったのでは、守備頑張っても意味ないじゃないか。もったいない。
増嶋・伊野波のどちらかがチョ・ジェジンを見ているが、矢島が動き回っている。中央が気になるのか徳永が中へ絞っていて、高木がフリーになるので、大丈夫かいなと思っていたら、あっさりその高木に先制される。が、すぐにCKから増嶋ヘッドで追いついて、前半のうちに、栗澤のFKがバーに当たった跳ね返りを梶山が蹴り込んで逆転。
後半に3点目を取ってしまえば楽になるはずが、ルーカスがDF・GKかわして流し込んだゴールはオフサイドで取り消しに。メイン側の彼の青木副審、とにかく旗を揚げておけばいいと考えているのかと思ったら、石川の明らかなオフサイドは取らなかったり、何だか謎でした。穴沢主審は、今日はハンドは取らないことに決めていた様子。
ロスタイムにゴール左でFKを取られて、クリアせずに持ち上がろうとしてボールを奪われ、クロスを入れられ同点にされる。延長後半、またFKから、今度はクリアを焦ったボールがフリーの相手に渡って失点。2失点とも、状況判断の甘さが出た感じ。

そんなこんなで、今期の試合はこれで終了。状況判断の遅さ、試合運びの拙さで勝ちを落としたあたり、今期のまとめのような内容だったか。サポにも選手にも、消化不良感ばかりが残る1年になってしまった。やり直したくても、今年のメンバーではもう試合できないんだよね。何とも残念な敗戦です。

帰りに岡山駅前のビルに、東京サポが寄って行くのが見えた。そう言えばNHKのビルだったような。ということは、入れ替え戦の中継か、見に行くか。という訳で、途中で合流したM田さんと一緒に行って、椅子を出して見る。何故だか知らないが、見ているのは東京サポばかりである。と、仕事で岡山行き飛行機に乗りそこねたG間さんからメールが届いて、「今、La森にいる」とのこと。あいかわらず、すごいです(笑)。博多もドシャ降り。どちらも応援したくて困る。
結果は気になるが、新幹線の時間もあるし腹も減ったので、ハーフタイムで切り上げて食事しに行く。M田さんは年度明けには(?)戻れそうとのことです>各位。
携帯速報で、祐介のゴールで神戸昇格が決まったことを知った後、のぞみで東京へ。熟睡して起きたら着いていた。

【12/16追記】
ホットラインを見たら、失点のシーンを色々間違えて記憶しているようだが、録画してなかったので確認できません。まあいいか、このままで。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29701709
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック