2007年01月05日

高校サッカーとクラブユース

あけましておめでとうございます。

帰省の間、地元高校の試合は放送があったので、2回戦・帝京第三vs境3回戦・境vs広島皆実を見てました。境は技術の足りない面はあるにしろ、ちゃんと拾って繋いで走ってのサッカーを志向していたので嬉しかった。サカマガの選手権ガイドでピックアップ紹介されていた丸谷は、なるほど、身体の入れ方が上手かった。彼の他にもう一人、前でキープできる場所があれば、ポストの役目に制約されずに自分でゴールへ向かって行けただろう。広島皆実にPKで敗れたのは、相手はもう、今大会PK決着も3試合目とあって慣れきってしまっていたので、仕方がないかなーと。境の選手は見るからにガチガチに緊張してたものね。それを乗り越えるのも強さの一つですが。

昨年末にサハラ杯でクラブユースを見て、続けて高校サッカーを見ると、技術レベルではクラブユースの方が上だなーと思う。それでも注目が集まるのは高校サッカー。「都道府県代表」という肩書きがあれば、サッカー自体には興味のない観客も集められるが、クラブユースだと「クラブ好き」か「サッカー好き」しかパイがないので、仕方がないことではある。仕方がないことではあるが、クラブユースの選手達には気の毒でもある。
とは言え、マスメディアで取り上げられないことは、外野で持ち上げまくった挙句、成長曲線が緩やかになれば手の平を返して貶したり無視したり、というありがちな悪習から遠ざけられているということでもある。殊に、クラブユースの場合は「プロになる」ことを目標とする以上(“町クラブ”の場合はそうでもないのかなあ?)、マスメディアに載ったが最後、一度まずいプレーがあれば選手個人が叩かれやすくなるのだろうし、難しいところだ。
「ユース年代の選手は、まだ海のものとも山のものとも知れない」ということを外野が肝に銘じない限り、クラブユースがマスメディアに載ることは危険だし、高校サッカーの報道は試合の分析・評価よりもお涙頂戴の人情噺に寄り続けるんだろう。

…って、その前に「クラブユースの情報をよこせ」という人が増えない限りは、マスメディアに載ることはないのか。前述のような心配は、「クラブ好き」「サッカー好き」が増えてからすることですね。
posted by kul at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック