2013年01月18日

『夢市男達競』国立劇場

銀座松屋の「観世宗家」展を駆け足で覗いてから国立劇場へ。「観世宗家」展では面をたくさん見られたのが良かった。わずかな肉付きの違いで、少しずつ違う年齢・感情が表現されていて素晴らしい。

菊五郎劇団の復活狂言は、頼豪の鼠vs西行の猫。相撲に宝探し、七福神の舞踊、廓の立ち回り、屋台崩しと盛りだくさん。たくさん過ぎて場面転換が多く、せわしなく細切れな感じがするのが惜しい。毎回幕を引かずにうまく転換できないかな。
しかし面白い。お話として面白いし、役変わりしつつの菊之助vs松緑が面白いし、菊五郎パパの美味しいとこ持っていき具合が面白いし、クライマックスでは猫の眼からビーム!で巨大鼠がボロボロ崩れるのも面白い。ザッツ・エンターテインメント。こんなに面白いのに、国立劇場はなぜもっと頑張って宣伝しないのだ。
菊之助の胡蝶こと猫娘がもうほんとにけなげでかわいくて、猫耳つけて出てきたところで周りの席の人が皆「かわいい…」とつぶやいていた。一方で、相撲取りの明石も立派で良かったです。

歌舞伎をちゃんと起承転結のある物語として見られるのは、やっぱり良いな。名場面のピックアップだけでは、何を面白がらなければならないかをまず勉強しないといけない。物語自体の面白さを、もう少し大事にしてみてもいいと思うのだけれど。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック