2013年01月15日

SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII〜』シアターオーブ

何故かシアターオーブをマークシティの中だと思い込んでいて、遅刻しかけた…。ヒカリエですね、はい。

明智探偵実は光秀遺児の三浦春馬が、歌えて踊れて殺陣も良いので驚いた。舞台映えする人だ。
古田新太の五右衛門がいる上で主役級の男性の客演があると、そちらの恋の鞘当みたいな内容も入れざるを得ず、物語が少々散漫になるなあ、という印象。もっとも、シリーズ3作目だからこそこういう人物配置、ということでもあるだろうが。
堺商人善兵衛の村井国夫がさすがの美声だった。善兵衛の歌のメロディは、ジーザス・クライスト・スーパースターとレ・ミゼラブルのパロディかな?
相変わらず、お祭りのような舞台だった。変わらない馬鹿馬鹿しさが嬉しい。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316243599
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック