2013年01月27日

東京都クラブユースU-17選手権 第2節 FC東京U-18vs杉並ソシオユース 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

前日、帰省しようと羽田へ向かっていたら、到着地が悪天候のため欠航とのメール…雪はそれほど降っていないようだが、風が強いのだろう。翌週中頃まで寒波が続くらしく復路も欠航の可能性が高いので、帰省を中止して今週末は東京にいることにした。

というわけで、欠席予定だった第2節の観戦に出かける。快晴で小平からは富士山がきれいに見える。
先日養和が9-0で杉並ソシオに勝っているので、順位決定戦の西が丘を目指すには、とりあえず今日、相手より10点以上取って勝っておかないといけない。


【FC東京U-18】=============================

−−−−−−−22岸−−−−−23矢島−−−−−−−
             (80分→32山口)

20伊藤−−−−−−−−−−−−−−−−−−19青木
(HT→38渡辺)               (HT→37長澤)

−−−−−−−17川上−−−−27高橋−−−−−−−
    (75分→28下平)

25鴨池−−−−24柳澤−−−−36大西−−−−29田宮
    (HT→15五勝出)  (75分→35高田) (HT→26山岸)

−−−−−−−−−−−30石原−−−−−−−−−−


【杉並ソシオユース】=============================

−−−−−−10−−−−−−

20−−−−−−−−−−−07
(71分→28)      (83分→19)

−−−15−−14−−08−−−

02−−−16−−−09−−−24

−−−−−−01−−−−−−


【警告・退場】=============================
81分 東京 26山岸


得点が多くていつもの書き方だと長いので、

22岸(6分、10分、20分、33分、49分、51分、53分、76分)
23矢島(13分、24分、27分、36分、62分、65分)
17川上(42分、74分)
27高橋(44分)
32山口(90分)

失点は、

46分 杉並ソシオ 09
77分 杉並ソシオ 10

前半で10-0、合計18-2という結果。ゴールシーンに良い形はたくさんあったけれど、はっきり言ってしまうとチームの地力や個の能力の差が歴然としていて参考にならないので、試合経過は書かない。得点のノルマは悠々と達成。負傷明けの五勝出や山口が「ならし運転」を出来たのも良かった。後半に複数交代して前掛かりに攻めていたため、たまに守備の切り替えが遅かったのは反省点。

ユース年代の大会では色々な成り立ちのチームが混然として試合をするので、時々こういう大きな点差になる。そういう試合のとき、大抵は大勝していても見ていてつらくなってくるのだが、この試合ではあまりそういう気分にならなかった。
それは、杉並ソシオの選手達が最初から失点は覚悟していて、その上でどれだけできるか、できる限りのことをやろうとしていたからだと思う。後半開始直後と77分のゴールは、失点しても気持ちを切らさずにやり切った結果だ。GKも、止めるチャンスがあるボールについてはきちんと対応して、良いセーブが何本もあった。皆、最後まで集中してプレーしていたと思う。もちろん、杉並ソシオの選手達自身がどう感じていたかはわからないのだけれど…。

さて、夜の養和vs横河は見に行かなかったのだが、横河が優勢のまま終盤の1点を守って逃げ切ったとのこと。これでグループ1位は横河でほぼ決まりだろう。3位決定戦に進むのは、東京か、養和か。第3節が楽しみだ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317077293
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック