2007年02月17日

東京都クラブユースU-14選手権決勝 FC東京U-15むさしvs東京V Jrユース 駒沢競技場

午前中にLoppiへ日立台のチケットを取りに行き、一度帰って支度して新人戦決勝の駒沢へ。天気は良いが寒さはぶり返している。
ベンチはアウェイ側なのにむさしがホームユニ、ヴェルディがアウェイユニで、何か変な感じ。あ、文中の右左は東京から見てのものです。

前半。
【むさし】
    2秋岡 13加部
9志麻 18江口 11廣木 14遠藤
7諸井 4寺前 3原  10水野
      1田中

【ヴェルディ】
  14 7
10 8 15 21
5 4 3 2
   16

立ち上がりから押されまくり、自陣内でのプレーが続く。すぐに感じるのは、足元の技術の違い。受けたボールを、いかに“自分のもの”にできるか? サルをやっていても、それは本当に必要な事だと痛感するものね。当たり前かもしれないけれど。自分にボールをすぐにきちんとコントロール下に置ける技術があれば、今この局面でパスをもらうことができてチームとして取れる作戦の幅が広がるのに、と思うもの。ヴェルディの選手達は、トラップした時点でボールをコントロールできているので、すぐに攻撃へ切り替えることができる。あいつはあのプレーでボールを持てる、と知っているから、味方はタイミングを逃さずサポートやパスコースを作る動きを取ることができる。やっぱり、選手個々がボールをちゃんと扱えるということは、チームの戦術戦略以前にすべての基本なのだ。
前半はそれでも、最終ラインが踏ん張り、少ないタッチでパスを繋いでいくカウンターからチャンスも作って、0-0で折り返す。秋岡のポストが良い。諸井は周り見えてる。ヴェルディは特に7高木(?)が足元強くて判断速い。ウマー。

後半。9志麻→17小玉。ヴェルディの攻撃が続く。むさしも粘って2回ほどカウンターでゴールへ向かうがオフサイド。10分、ヴェルディ交代、21→9。12分、右サイドを突破され、DFをかわして中へクロスが入る。対応が追いつかずDF陣の注意がみんなサイドに行ってしまって、ゴール前にフリーの選手が2(3?)人。失点、0-1。
14分、パスを繋いで攻め込むが、サイドから低いクロスを選択、DFにクリアされる。せっかく中に長身の加部がいるんだから、頭を狙って行きたいところ。
17分、ハンドを取られ(?)、ゴール左側からFK。ファーの選手がヘッドで折り返し、ゴール前で競り合い。こぼれたボールはゴールに転がるが、何とかクリアしてGKがキャッチ。直後にカウンターをしかけるが、シュートを迷いDFにカットされて、逆に相手の攻撃を受ける。左からゴール前へ送られたボールはGKがキャッチ。
20分、パスカットされ、相手に繋がれてDF裏へ抜けられシュートが決まる。0-2。13加部→19湯浅。湯浅は左サイドに入り、17小玉が右へ、14遠藤が右SB、10水野がトップへ移動。
2失点した辺りから、むさしの選手達の気持ちがバラバラになり始めた。相手の個々に技術がある→全体のプレースピードが上がる、という訳で、焦りが生じ、それぞれが何とかしようと思うほどに連携は失われる。誰も諦めた訳ではなくても、視野が狭くなって集中を欠いた状態ではチームとして成り立たない。だから、大量失点は当然の結果だった。
21分、失点後にDFが気持ちを立て直せず集中を欠き、スローインからあっさり追加点。0-3。25分、左サイドを7番に切り込まれ、左CK。ゴール前でGKがやや対応を焦り、パンチングに失敗。上がったボールを押し込まれ0-4。26分、自陣でパスカットされ、フリーの7番へ。GKと1対1を決められ0-5。
27分、7諸井→6関。関がCB、4寺井が左SBに。DF陣がボールばかりを見てしまって、フリーの選手を作る場面が目立つ。28分、左CKのクリアを拾われ、いったん下げてスルーパスが7番に渡りミドル。0-6。
29分、ヴェルディ交代、7→13(?)、15→6。14・9/8・5・10・13/2・3・4・6/16か?
最後の時間帯、途中から出た17小玉・19湯浅が必死に頑張ってCKが続くが、1点を返すことができず、点差・内容とも完敗で試合終了。でも、前半を考えれば、点差は技術でなく気持ちの問題だろう。相手が強くても崩れないで踏みとどまることは、まだこの年代では難しいのかとも思うが、そこを鍛えないと、今日の強い相手とこれからも戦っていくんだからね。技術も気持ちも大事。頑張れ!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34276531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック