2007年02月25日

練習試合 FC東京vs東京V 味の素スタジアム

観客が入りきらなくてゴール裏スタンドも開放されたので、結局定位置、バック寄りに席を取った。今年もここから、いい試合をたくさん見たいね。久しぶりのダービーということで中心部は立って応援していたが、開幕前くらいはまったりでいいやということで、のんびり座って観戦。東京に福西・川口・金澤、ヴェルディに名並・服部がいるので、磐田サポも多かったようだ。

五輪組のほかにルーカスと今野がいなくて「あれ?」と思ったが、ルーカスは軽傷、今ちゃんは風邪とのこと。来週には戻れるか。代わってボランチは栗澤と福西のコンビ。前に、当日急にスタメンが決まったという森村。CBは吉本・徳永。
前半は、福西がいるだけでこんなにやり方が変わるんだーと驚かされた。運動量はないのかもしれないが、ちゃんと必要な場所にいて、何でもないように浮いたパスを受けたりボールを攫ったりするんだな。ボールを持つと、対面の相手とタイミングをずらしてパスを出すが上手い。自チームの選手になってみると改めて上手さがわかる。対戦相手にいても、自チームの選手を見るのに精一杯で気が回らないのだ。
カズと昂太のスタメンは非常に嬉しかった(ユースはなるべく冷静に見ようと観戦記録を苗字で書いているが、晴れてプロ=公人になったから、遠慮なくミーハーに下の名前で呼びかけさせてもらおう)。カズはまだ連携で危なっかしかったり、奪ったボールをただセーフティにクリアするだけになってしまったりと課題も多いけれど、身体の強さ、高さ(ヘディング全勝!)はしっかりアピールできた。萎縮せずに声も出ていた。モニよ、うかうかしてられないぞ。早く戻って来い。
昂太は、トップ下でよく動いて、ボランチの2人、あるいはサイドと絡んで攻撃を組み立てていた。昂太・栗澤・福西とボールを持てるタイプがいると、攻撃のやり方が何だか昨年のU-18っぽくなる。昨年FWで別格の技術を見せてくれた昂太でさえ、DF2人位に挟まれるとボールを失ってしまうのを見ると、プロってのはやっぱり速くて強いものなんだなーと思う。早くスピードに慣れて、またたっぷりワクワクさせてくれ。前目中央で起用されていたのも嬉しかった。左SB時には実はぽっかり守備ミスもたまにあったし、レフティだからって左に押し込めるとアイディアの豊富さを発揮しきれないと思うのだ。でもこの位置で憂太も見たいし梶山も見たい。またはルーカスも見たい。悩む。
ワンチョペはまだ周りと合ってない。というより本気モードになってないのかね。周りももっと正確にクロスを上げたり、ゴール前にあと1・2人は入って行ったりしないとね。
金澤の復帰も嬉しかった。ようやく左サイドを安心して見ていられる。今年は怪我がありませんように。

前半ロスタイムに、福西のクリアが大野の足に当たってゴールへ飛び込む、土肥ちゃんも吃驚の交通事故のような失点。いや、珍しいものを見た(苦笑)。クリアボールにも、とりあえず足は出しとけ、ということだ。
後半は福西→浅利。途中でワンチョペ→赤嶺、川口→規郎。さらに昂太→憂太。ボールを持ったらサイドから速く、の見慣れた攻撃方法になる。赤嶺は前で動き回るタイプなので、ワンチョペとセットでもいいのかも。でも全体のバランスが問題なのか。
ヴェルディは、選手が入れ替わっても、ショートパスを繋いで繋いでのヴェルディらしいサッカーになるのが不思議。ディエゴとフッキが良かった。
残り15分位で吉本→エバウド。入ってすぐは簡単にファウルを取られたりしていたが、それは慣れの問題だろう。今年はCBで苦労することはなさそう? そのエバが、CKで相手GKがキャッチミスしたところを押し込んで同点ゴール。飛行機ポーズが、彼の御方を思い出させて懐かしかったりして。エバも手足長いねえ。
その後もそれなりにチャンスは作ってもゴールには至らず。1-1で引き分け。何とはなしのグダグダさ加減も、まあ、開幕前は例年こんなものか。ところどころで期待できる場面も見られたし、ホームで生の“ウチのチーム”の試合というだけで今日のところは満足。喜怒哀楽のシーズンが、また始まるね。

【追記3/1】
字が違うと教えてもらったので、森村の名前を直しました。
ちなみに、チーム内での吉本の呼び名は「ヨシ」になったようです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック