2007年02月27日

ホンダの新車

Honda Racing F1 Team 、環境をテーマにした新コンセプトを発表(Honda公式)

カラーリングにもびっくりだが、レース中に迷彩効果になってバックミラーで見えにくいのではないかと心配してしまう。シルバーアローは見えにくくて、赤のフェラーリや黄色のジョーダンは見えやすいからオーバーテイクの際に安全性が高いと聞きますが、青系はどうなんでしょうね。ついでに近年は青系配色のカラーリングが多くて、レース中継でとっさに判別できないのだ。これは他チームのカラーリング次第だが。

今年からタバコ広告が全面禁止になるので、各チームのクルマの印象が変わりそう。自分は、タバコは臭いので嫌いですが、F1マシンといえばタバコ広告というイメージがあるので、少し寂しい感じもします。セナのJPSロータス、マルボロカラーのマクラーレン、ロスマンズカラーのウィリアムズ。マンセルや中嶋悟のキャメル。右京のCABIN。ジダンの踊り子が踊るリジェ。シューマッハのマイルドセブンやマルボロ。色々思い出深いが、もう見られないんだな。

タバコ会社に替わるスポンサー探しは大変そうで、ホンダが「環境」を打ち出してきたのは、新規スポンサーを獲得するためのイメージ戦略ということもあるんでしょうね。
posted by kul at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34844991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック