2007年02月28日

北京五輪二次予選 U-22日本vsU-22香港 国立競技場

小平から直接新宿に出て、夜まで買い物するつもりだったが、思った以上に寒かったので、防寒装備を整えに一度帰宅。がっちり着込んで国立へ。

3−0だったけれど、平山×3、カレン×1、増田×1であと5点位取ってないといけない試合だった。あそこまで行って何故、というのが多過ぎる。平山、精進しましょう。
前半の3トップは、これからも続けるのだろうか。カレンと水野、忠成と本田が「仲悪いの?」というくらい噛み合ってない。皆、それほど悪いプレーはしてないのに、労多くして功少なし、な印象。カレンはゴールがなくて焦っているのかもしれないが、もう少し落ち着いて、そこは自分が行くべきところかを見極めた方が良いと思う。
先日のアメリカ戦で、前へボールを出せずにDFラインでずっとパスを回していた反省からか、今日はボランチの梶山と青山、両サイドも引き気味からスタート。前の方が噛み合わなくてパスを繋いでいけないので、裏狙いに走らせるか、強引に自分で行こうとするかという攻撃になる。うーん、もどかしい。前半11分にスルーパスから平山がシュート、DFがかき出そうとするのと競争してもう一度蹴り込んでゴール。とりあえず最低限の結果は残したのでほっとする(苦笑)。
後半に忠成→家長、途中でカレン→増田に交代して、平山の後ろ辺りに人が入ってくるようになって、攻撃がスムーズになった。21分に水野がライン際で粘ってDFをかわし、中央へパス、梶山が密集の狭い隙間を抜けてゴール。38分に平山シュートのこぼれを家長から増田へ繋いでゴール。
予選は勝つことが最重要なので、これでもいいのかもしれないけれど。このメンバーならもっとできるはずなのに、意思疎通のできてないところが目に付いてモヤモヤする。誰がボールに寄せて誰がこぼれを拾うかとか、今このタイミングで顔を出してパスコースを作るとか、周りの敵味方がどういう位置関係になっているか理解するとか。…まあ、他人に言うのは簡単なんですけどね。

とにかく寒くてですね。近くの席に、会社帰りに彼氏に連れてこられました風の女性がいたのですが、春コートにミニスカートの出で立ちで(午前中は暖かかったからなあ…)気の毒でした。彼氏よ、まだ夜は寒いとわかってるんだから、事前に忠告してやれ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35012755
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック