2007年03月10日

J1第2節 大宮vsFC東京 埼玉スタジアム2002

なでしこのプレーオフも見に行きたかったが、こちらのキックオフに間に合いそうにないので諦めた。Jリーグと協会で、もう少し時間を調整してくれればよいものを。
しかし、国立へは行かなかったのに時間ギリギリで、選手入場と同時にスタンドへ到着。

ルーカスが風邪でお休みで、キャプテンマークは今ちゃん。CBに藤山、トップ下に栗澤。
前半にCKから今野のヘッドが決まり先制するが、危ない場面はいっぱいあって、無失点で終われたのは、土肥ちゃんに久しぶりに何か降りてきていたというのが大きい。ゴール前での藤山・徳永・今野の集中も途切れなかった。前節の反省か、DFラインは低めで、今ちゃんも基本は守備専門。
中盤で福西があっちに動けこっちに動けと身振りや視線で指示するが、周囲の“若造”どもは読み取れていないことが多い。栗澤が潤滑油になろうと頑張っていたが、クリもまだまだ。皆話し合って、考えて頑張れ。福西がストレス感じずにパスを出せるようになれば、面白くて強いサッカーができるようになるはずだ。
で、その福西が、後半のCKからのボールをゴール右に持ち込んで、角度のないところから見事にゴール。こういう状況で打ち上げる場面に慣れているので、「え?入った!」と吃驚(苦笑)。ゴール裏に向かって、ユニの番号を誇らしげに引っ張って見せてくれたのが嬉しかった。交代は捻挫が治りきっていないためか。
これで気持ちも楽になって、残り15分ほどで平山→ワンチョペ。平山はポスト役をこなそうと頑張っているが、近くにもう一人いてほしい感じ。ゴールまではあと少しだ。
ワンチョペは、練習試合で見たときよりは自分からボールに絡んでいこうとしていたかな。周りと早くタイミングが合うようになればいいのだが。

問題が残っているのはわかっているが、とりあえず、白星がついて、得失点差も0に戻した。お楽しみはこれからこれから。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35744617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック