2007年03月18日

J1第3節 FC東京vs磐田 味の素スタジアム

決定力の無さと、すぐサイドに押し込められて手詰まりになるのと、「えー、今の相手ボールかよ」と思っている間にあっさり失点するのとは、なかなか治らない病気ですね。決定力が無いのは置いといて、あとの2つは努力次第で治せると思うんですけどね。
昨年「ポゼッション」と言われてボールを持つことだけを考えてしまったように、「サイド攻撃」と言われると、サイドにしかボールを送らなくなっちゃうんだな。中から来るか外から来るかと相手を迷わせてこそ、サイドから崩せるんじゃないのか。カウンターなのに1回開いて時間をかけて、相手DFが揃ってからクロスを入れるの何故。そういうのは正々堂々とは言わん、頭が悪いと言うのだ。
右では、伊野波と石川の息がなかなか合わないね。伊野波が上がってきても、中途半端な位置で立ち止まってしまってそこで一度停滞する。追い越すとか、どっちかが中に切れ込むとか、2人でもっと話し合ってね。
後半途中からはルーカス平山ワンチョペを並べて放り込みになったけれど、放り込むボールが味方の頭に届いてないんだから困ったものです。

終了後の挨拶に来るとき、福西はいつも真っ先に歩いてくるようだけれど、今日は殊更にスタスタと歩いてきて、怒り狂ってるなあと思いました。や、他チームにいたときには上手いけど何だこのやろーとムカつく選手だったのですが、いざ自分のチームに来てみると、このストイックさは素敵です。何とかチームのサッカー頭が良くなるように鍛えてやってください。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック