2007年03月21日

ナビスコ予選第1節 磐田vsFC東京 ヤマハスタジアム

バスツアーで磐田へ。
塩田がスタメン。金沢を休ませて左SBには規郎。2トップにワンチョペとルーカス。
前半は面白かったんですがね。特に、藤山のカットからロングフィードを相手ゴール前で福西が落とし、今野が蹴り込んだ先制の場面なんて最高。ボランチ2枚がどうしてそんなところに? あー、サイドのボールホルダーに人が集中しちゃってるなーと思ったら案の定あっさり内へボールを出されて成岡に一気に攻め込まれ、たまらず徳永が倒してしまってPK。でも直後に川口のパスミスをルーカスが奪って、ワンチョペ初ゴールのお膳立て。チョペさん、スタメンで気分良くプレー出来た感じ。ここまでは面白かった。
後半になって、磐田のパスが回り始めて守備が後手後手に。前半のうちにFW船谷→DF村井、後半途中にDF犬塚→DF加賀の磐田の交代が、じわじわ効いてきていやん。一方、東京はDF〜ボランチ〜前線を繋いで走り回っていた栗澤が梶山と交代。え?と思ったが、交代後に栗澤はベンチで左足をチェックしていて、怪我なら致し方ない。しかし梶山はまだ不調の波を抜けられないようで、流れを引き戻せない。チョペさんに代わった平山もイマイチ。五輪組は総じてお疲れモードの様子。
残り10分程でCKからのボールを拾われ、クロスが入り、田中マコさんの同点ヘッドが決まってしまう。既視感ありあり。またセットプレーからDFにゴールを許しましたか。
ロスタイムには2枚目イエローで徳永が退場に。終了際に福西の惜しいシュートもあったが川口の正面。やれやれ、引き分けか。
まあ、前半のようなプレーが出来るようになれば好転するんじゃないかと思うが、今年前半はメンバーを固定して熟成できないのが辛いところだ。差しあたって、日曜日のDFはどうするんだ。

岡田さんのジャッジにそこまで不満は言わないけれど、石川が脳震盪を起こした場面では、動かないように言って、ちゃんとその場で処置をさせて欲しかった。

行きも帰りも寝倒して、新宿に着いたらそれほど寒くなかったので、タクるのは止めてちょっくら家まで歩いてみた。小滝橋通りをたーっと行って、神田川にぶつかるあたりで小道に逸れる。たったか歩いて45分位。なんだ、意外と近いな。これで新宿で終電なくなっても安心だわ(笑)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36593097
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック