2007年03月25日

ナビスコ予選第2節 FC東京vs大分 味の素スタジアム

昨夜から雨降り。キックオフ前に上がった。が、東京の選手達が転びまくっているのは、開幕戦もだったので、雨のせいばかりではないね。味スタはホームなんですがね。

DFラインは池上吉本藤山規郎。栗澤に代わって憂太。DF陣が連携取れず、怖がってラインを上げられない。憂太は、栗澤よりは攻撃に気持ちが傾くタイプの選手。2ボランチも点を取ろうと前目。という訳で、ちぐはぐちぐはぐなプレーの連続。徳永は累積、エバは怪我(?)、ということでDFの選択は仕方がない。それでも池上はもうちょっと石川を助けて上がるべきだろうし、カズは無闇に前に出ずにバランスを考えるべきだった。フジがあっちもこっちも気に掛け出すと、パフォーマンスが落ちてしまう(苦笑)。

思い返してもっと書くつもりだったが、思い出すだに気力が失せるので止め止め! 結論は、「アッタマ悪ィなオマエラは!」ということ。プレーが雑、連携なし、セカンドボールを予測して動いてない、味方がボール持ってても動けない、2人3人で囲んだらそこできっちりボールを奪わないとたちまち数的不利になってピンチだってことがわからんのか、など。あんまりホームで頭の悪い試合を続けられると、嫌ンなっちまいます。
今日負けたのは東京が頭悪くて下手だからですが、勝てなかったのは主審が松尾さんだったってのもあると思います。彼とは本当に、相性が悪い。いつも時間が経つにつれて、東京の選手がどんどんイライラしていくのがわかる。それでも、相手が10人だろうと、審判込みで12人だろうと、ホームで馬鹿馬鹿しい負け方をしてはいかんのよ。梶山は「頑張ってるからブーイングしないでくれ」というが、好きなチームにブーイングする方の身にもなってみなさいってことだ。試合後の大宮沢コールの意味を考えて欲しいもんです。

余談。予選C組のもう一方の試合ですが、ジウマール・シウバのコメント(J's GOAL)を読んでなごみました。
Q:ゴール後の、短パンを脱ぐパフォーマンスについては?
「あれも、アドリアーノ、アンデルソンと話をした結果です。『何かやろう』ということに決めたのですが、『シャツを脱いだらイエローカードということはわかっている。では、短パンならどうか』ということで、ああいったパフォーマンスになりました。短パンを脱いでも警告をもらうことがわかったのが収穫です(笑)」

お馬鹿やん。素敵やん。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック