2007年04月07日

J1第5節 FC東京vs新潟 味の素スタジアム

ナビスコ大分戦を元に、トップ下に福西を上げて、ボランチは今野・梶山。福西自身も戸惑い、ボランチ2人も上がる・下がるのタイミングを掴めずに動くことができず。中央の三すくみにつられて、周りの足も止まる。うーん、原因ははっきりしていると思うのだが、解決法をどうしたものか。ベンチに入れなくても、日曜に福西も大分へ連れて行き、じっくり話をさせた方が良かったのではないかしらん。今日の中盤3人はそれぞれ能力の高い選手だが、それぞれにまたクセの強い選手でもある。試合後、挨拶に来た福西は、考え込んだ表情であった。それぞれがプレースタイルを変えないのなら、とにかく話し合うしかないぞ。
連携が取れたらパスミスも減るだろうし、余裕のない体勢からの見当はずれなクロスも減るだろうし、セカンドボールに備えることもできるだろうし、後手後手守備のファウルも減るだろう、と思う。歯車が1個噛みあえばいいんだと思うんだけど、個人が技術を上げるより、チームを生き物にする方が当然難しいんだわな。でも、五輪組や怪我人以前のところでいつまでもつまづいてるのはどうなんだ。凹んで下向いてないで、顔上げて周りと話してね。

ホームで未だ、勝ち点もあげられず。リーガ・エスパニョーラではA.マドリーのファンですが、あそこもカーサでなかなか勝てないチームだな(苦笑)。Mなのかな>自分。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック