2007年04月11日

ナビスコ予選第4節 FC東京vs磐田 国立競技場

うしろーはーふーりーかえるなよーと鼻歌歌いながら出勤したら、天気予報は午後から雨ではありませんか。気楽なチャリ通勤、昼の休みに家に戻り、ついでに猫に不思議そうにされながら昼ご飯も作って食べて、ポンチョと傘を持って会社に戻りました。試合中はそれほど強く降らなくてよござんしたね。

伊野波が新潟戦で退場したので、右SBに徳永、CBに今野。ボランチは福西と浅利、左右は栗澤と石川、ルーカスの後ろに憂太。今ちゃんがCBということで前に上がらず、浅利がDFラインの前で守備を引き受けることで、中盤が混乱しなくなった。前の4人はほんとによく、プレスを掛けに走っていた。福西も普段より走ってた。石川が、パスを回されても回されてもボールを追って走るのを見て、DOWN BEAT STOMPを歌いながら涙出そうになった。ルーカスのPKも、プレスを掛けた挙句の相手の不用意なバックパスを攫って、1対1となったGK松井がたまらず倒してしまって得たもの。
ここまでの試合のように、ゴール前で確実にしようとするあまりにパスを回したりコネたりし過ぎてボールを失うこともなく、積極的にシュートを打っていったのも良かった。もうちょっと枠に飛ばしてほしかったけども(苦笑)。先制点は前半終了間際、CKでルーカスと今野にDFがつられたところをファーでフリーの福西がゴール。2点目はPK。結局流れの中からは得点できず、後半の最後の方は疲れて押し込まれてしまい、と不器用なところはあるにせよ、久々に「こういうプレーが見たかったんだよ」という試合でした。絶対勝つ、と思ってチームが噛み合って動いているのを見るのは、気持ちが良いね。ホーム初勝利。“雨の国立”は、“赤いGKユニ”に打ち勝った、と。次は味スタでね。
前半、塩田がかわされ、あわやという場面、ラインぎりぎりでクリアしたのは藤山。守備を支えてシュートも打って、ずっと声を出して指示を送っていたのは浅利。困ったときにちゃんと仕事をしてくれるのはこの2人だ。試合後の挨拶を終えて引き上げて行こうとする浅利にコールを送り、「お〜」と促していたら、サリが戻ってきてくれたので吃驚(笑)! サリと「シャー」が出来るなんて、今日はなんて良い日だろう。

憂太とルーカス、石川と徳永は、コンビで使いたいなあと思うのだけれど、CBが藤山と伊野波では高さがなくなるのが難だ。今野と福西(と梶山)を中盤に並べたときの混乱も、まだ解決できるかわからない。問題が解決した訳ではないけれど、勝って、元気に声が出るようになれば、道は拓けるんじゃないかなーと。甘いかしらん。
ナビ杯は予選突破に望みを残しつつ、しばらく中断。日曜はまた、大分にてリーグ戦。日程は本当に厳しいけれど、ここで勝たないと、今日良い試合をした意味がなくなる。頑張れ!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38570403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック