2007年04月15日

プリンスリーグ関東B 第2節 FC東京U-18vs浦和ユース 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

特に記述がない限り、右・左は東京視点。

【東京U-18】
      9岡田
25三田   10大竹   28山崎
    5宮阪 8井澤
18藤原 3椋原 4畑尾 17山浦
      16田端

【浦和】
      9宮川
25武富   8山田   18高橋
    6矢部 5高垣
13永田 3山地 20菅井 2丸山
      1柴田

【交代】※浦和の交代はうろ覚えです。
前20分:浦和 2丸山→15浜田
後0分:浦和 5高垣→29石沢
後9分:東京 28山崎→24米田 2トップに変更
後11分:浦和 18高橋→26原口
後32分:東京 25三田→7木下智
後32分:浦和 25武富→11林

前節に続いて今日もいい天気。前節後半から入って流れを変えた山崎が右サイドでスタメン。しかし、今日はボールに絡む回数が少なく、持ち味のドリブルを見せることができなかった。代わって、今日目立っていたのは左の三田の高速ドリブル。大竹も上手いだけでなく10番らしいプレーになってきた感じ。
浦和が、何だか一昨年・昨年とは違ってちょっと平均身長が低くなり、小回りをきかせて前からプレスかけてドリブルとパスを織り交ぜて、の面白いチームになっていた。東京と似てるなーと思ったのだが、どうでしょう。相手がそれまでのイメージと違ったからなのか単にうっかりなのか、今日は東京のDFラインが不安定。簡単に裏を取られそうになって何とか守るという場面が目に付く。DFが単純なパスミスでピンチを招くのはいただけない。反省しましょう。
押し気味に進める中、18分に右でボールを持った宮阪から左前方へサイドチェンジ、これに三田が追いつき、サポートに上がった藤原へ戻す。藤原の低いクロスに、ゴール正面で大竹がシュート、GKがはじくがそのままゴールインして先制。浦和は右SBを長身の選手に交代。しかし、23分に右FKからゴール前でつなぎ、宮阪が蹴りそこねたこぼれを大竹がシュートして2点目。岡田のポストプレーも利いているし、左サイドを中心にどんどん仕掛けているし、いけるかなと思ったんですが。
40分、ドリブルで切り込まれたところを倒して、ゴール左前あたりで浦和のFK。8山田に直接決められる。浦和の選手のドリブルは、全体に重心が低くて速いので、東京DF陣は手を焼いている感じ。

後半。落ち着かない展開。9分、今日は右で見せ場を作れなかった28山崎に代わって24米田が入り、岡田・米田の2トップになる。直後10分、左から浦和のFKを、中央で15浜田にヘッドで決められ同点とされる。16分にも、左からのクロスがバーに当たりヒヤリとする。
東京は4-4-2になって、基本は大竹が左、三田が右。攻撃の流れはスムーズになった。18分、カウンターから大竹がスルーパス。左にいた米田が受けてドリブルでPA内へ切り込み、シュートはDFに当たるがそのままゴールインして3-2。勝ち越したものの、後半はどちらかと言えば浦和の速いプレスに押し込まれる展開。東京は、大竹・三田がポジションを変えつつ、カウンターを狙っていくが決められない。逆に33分、浦和のカウンターを受け、右の29石沢からのクロスを中央で11林にヘッドで決められ追いつかれる。
ここからの15分程は、攻めて攻められて、息つく暇もない展開が続く。3-3のまま試合終了。

今日はどうも最後までDFが不安定だった。勝てない試合ではなかった、とも思うし、内容を考えれば点を取り合って引き分けで妥当な結果とも思う。単にサッカーを見に来た人にとっては、とても面白い試合だったはず。勝ち越して追いつかれ、の試合だったので、東京の選手達は不完全燃焼かな。次週は規郎の母校八千代と対戦だが、サテと重なるので見に行けない。面白そうなのに、残念。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック