2007年04月28日

J1 第8節 神戸vsFC東京 ホームズスタジアム

ああ、ここで阿部ちゃんのリーグ初ゴール&バク宙を見たっけなあ、と思いつつ、ホムスタへ。あのときとは、ホーム/アウェイのサイドが逆になっているのである。試合前に先頭に立ってアップに出てきたモニは、うっかりホーム側へ行きかけて、やべー間違えたっと引き返してきた。

試合はともかく、ああいうことで。ゴール裏の後ろの方にいたので、肝心の場面は隠れちゃってよくわからなかったのだよね。神戸の選手があまり抗議しなかったから、帰ってTVで見るまでセーフだったのかと思ってた。家本主審は位置取りが悪く、副審は塩田の影で見えなかったのだろう。このラッキーの分は、どこかで帳尻合わせがあって今度は泣くはめに…なると嫌だなあ。
前半はカンジョに左のDFを上手くかわされて、何度もヒヤリとさせられた。祐介も抜け目なくエリア内へ入ってくるFWになりましたね。好きな選手だし帰って来てはほしいけれど、求められて活躍できる場所があるなら、そこにいる方がその選手のためなんじゃないかと思って胸中複雑である。後半の後半くらいからは東京がサイドチェンジを意識したパスを出すようになって、規郎も吹っ切れて駆け上がってシュートを打つようになって、ペースを掴みかけたが、如何せんシュートが下手であった。アップのときから、ほとんどゴールマウスに飛んでなかったからねえ…。
福西とワンチョペは、やはり諸刃の剣だ。福西がボールを持ったところで、全体が一時停止する感覚。周りがもっと一気に押し上げられていれば、福西も安心して前へパスを出すようになるか。福西自身にも、もっと前方への長いパスを出していってほしい。って、これもかつての宮沢の幻影を追ってることになるのかなあ。チョペさんは、自分には判断不能です。やっぱり未だに、やる気あるのかないのか、と見えてしまう。結局、東京について、自分は別にきれいで上手いサッカーが見たい訳ではないんだろうな。絶対に諦めない、絶対に勝つ、とそれぞれが責任感持ってプレーしていると思えたら、それでいいんだと思う。勝敗はオマケ。もっとも、食玩並に重要なオマケではあるが。

試合前のアップでは、右サイド・左サイド(?)に分かれて、1タッチでどんどんパスを回す練習をしていた。試合中も、少ないタッチでパスが繋がるときはチャンスになっている。攻撃の道筋が、点線くらいにはなってきたような気もするが、鬼プレスをかけてくるチーム相手だとまだまだ何もできずに慌てふためくだけになりそう。でもまあ、千里の道も一歩からですからね、頑張りましょうね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40548184
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック