2007年05月03日

プリンスリーグ関東B 第4節 FC東京U-18vs佐野日大高校 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

【東京U-18】
    24米田 9岡田
10大竹         25三田
    5宮阪 8井澤
18藤原 3椋原 4畑尾 17山浦
      16田端

【佐野日大】
     11平塚
 8関澤 15佐藤 20小原澤
   5斎藤 7大森
6加藤 2梁瀬 23? 12八木沢
     1柳

【交代】※例によって佐野の交代はうろ覚え。
後半?分:佐野 6加藤→18添田
後半16分:東京 25三田→28山崎
後半23分:佐野 8関澤→9新保
後半24分:東京 10大竹→39阿部
後半39分:東京 8井澤→22岩渕
後半41分:東京 24米田→42加藤、9岡田→15品田
後半44分:佐野 7大森→?(19香山?)

【得点】
前半31分:東京 9岡田
前半44分:東京 24米田
後半21分:東京 9岡田
後半28分:東京 24米田
後半45分:東京 28山崎

簡単に。
前半、佐野のプレスに手を焼き、サイドに押し込められてボールを奪われる。10分、ゴール前でファールがあり、やや左から佐野のFK。5斉藤の蹴ったボールはバーに当たる。前へボールを運べず、後ろで回すことが続く。自陣でボールを失うとややピンチ。しかし、徐々にペースを取り戻し、31分、右でつないで大竹からゴール前へ。左に流れるが岡田がゴールを決めて先制。終了間際にゴール正面で左からのパスを受けた井澤が、ドリブルでDFをかわしシュート、枠をそれるが米田が追ってこれを拾い、左からシュート。2-0とする。
後半は次第に佐野の運動量が落ちて行き、終盤になるほど東京のやりたい放題となった。危なかったのは、15分の左遠めからのFKくらいか。ファーの折り返しをぎりぎりでクリア。21分、右から岡田が切り込み、GKと1対1、狭い側(足元?)を抜いてゴール。これで佐野はしょんぼりしてしまった。28分、左の阿部から中央へパス、米田がダイレクトでループ気味のシュートを決めて4-0。30分過ぎからは、山崎・阿倍の両サイドがどんどん上がってくる。再び終了間際、左から岩渕が切り込みゴール前へパス、正面の加藤がスルーしたところに山崎が走り込み、トラップをちょっと失敗、ゴールに背を向ける形になるが、反転してシュート。これが決まって5-0で試合終了。
岩渕がハーフタイム中から調子良さそうだったので、短い時間だったが見られて嬉しかった。1年生の阿部も強気で面白い。2トップは相変わらず身体を張ってよく走る。今日は畑尾が安定してて、カバーリングも良かった。佐野では中央の斎藤・大森、トップ下(2トップの一角?)の佐藤が印象に残った。

浦和ユースvs鹿島ユースを途中まで見るか、とも思ったが、暑さに音を上げて味スタへ移動する。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック