2007年05月03日

J1 第9節 FC東京vs鹿島 味の素スタジアム

錦城高校前→武蔵小金井駅、武蔵小金井駅北口→萩の原団地と路線バスを乗り継いで味スタへ。

神戸戦の点線が、1ptの実線くらいにはなったかなーとは思うが、でも先制後に踏ん張りきれないんだなあ。
ゴール裏で試合を見ながら、ときどき、相手チームになったつもりで、東京を攻めるにはどうやって動くかを考えてみる。後半の、手前に相手ゴールがあって、向こうに東京のゴールが見えるときの方が考えてみやすい。そうやって見ていると、鹿島の出来も東京と似たようなもので、結果を分けたのはシュート精度の違いだけだったと思われる。久し振りに3万超えたのに、残念な試合だった。
それでも、底は打ったと思うんだけどな。まだ甘いのかな。
モニの復帰はいつになるんでしょね? GW連戦はこのままで、ナビまで引っ張るのかね?

帰りも萩の原団地に出て、路線バスで帰ってみた。武蔵境からJRに乗り換えて中野へ、中野からまたバス。時間は少々かかるが、家のすぐ近くまで行けるのね。たまにこのルートでもいいかな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41213067
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック