2007年05月06日

J1 第10節 川崎vsFC東京 等々力競技場

プリンスリーグとハシゴするつもりだったのに、起きたらもうキックオフ直前であった。昨日までの晴天と打って変って、雨降りで肌寒い。

「多摩川クラシコ」の名前はともかく、長く見ている人にとっては伝統の一戦なんでしょう。ダービーに合せて、モニがスタメン復帰。金沢が負傷(?)でお休みで、左SBは藤山。しかし前半途中には今野と場所を変わって、CBに入っていた。前にはワンチョペに代わって憂太。
昨年終盤は、「勝ちに不思議の勝ちあり」で勢いにまかせて東京が勝ってしまったけれど、内容自体は川崎の方が良かった訳で。今回は内容に加えて、昨年の欝憤晴らしとばかりに相手のモチベーションも高かった訳で。惨敗もむべなるかなってなものだが、それにしても前半の東京のダメっぷりは酷かった。早い時間に先制されてからは、相手の速さと連動性にすっかり恐怖を感じて、焦って思考停止してしまっていた。急なセットのDFラインは息が合わず、ボランチからは前へボールを動かせず、後ろに人数がいても栗澤がDFの前まで戻ってくる始末。怖がってばかりでどうなると言うんだ。
後半はそれでも、栗澤(さすがに今日はお疲れか)→規郎、浅利→梶山と交代して、大量得点で気の緩んだ相手に何とか点を返そうとしたが、ゴール前まで行ってから思い切りが悪いのは相変わらず。人数の足らないお遊びサルでGK置かずにやってるのじゃないんだから(内輪ウケ)、PAの外からでもシュート打っていいんですよ? 横パスの挙句にあっさりカットされてカウンターを食らうのは、馬鹿馬鹿しいではないか。
でもまあ、前半で4-0にされるような試合でも、6-1でなく5-2で終われる程度には、昔より向上してるのかしら、とか。自虐的。とりあえず良かったことは、石川がようやく得点したことだ。自分は戦術とか技術とかよくわからんので、空回りだろうと戦ってるなら無条件で「頑張れ」と言うよ。

ヒロミは「シンプルに」と言うが、シンプルだったのは川崎の方であった。柏もそうだが、やってることは、別に複雑ではないよね。それが速くて、味方がどう動くかわかっているから正確であるというだけで。しかし、そこに至るのは何と難しいことか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック