2007年05月12日

J1 第11節 FC東京vs千葉 味の素スタジアム

窮鼠が猫を噛むのなら、東京がお犬様に勝ったっていいはずだ、と思いつつ味スタへ。
誕生日の石川は、前節の負傷でお休み。左にリチェ、右に信男さん。ワンチョペの1トップにルーカスのトップ下だったが、ルーカスはまるでボランチ兼任のようなプレーエリアだった。ボランチは伊野波・梶山。梶山が運動量が多くてキレてるなあと思ったが、伊野波はまだちょっとボランチとしての勘を取り戻してないというか、出足が1テンポ遅い感じ。左SBは規郎。今日は守備でも対面の水野をよく抑えていた(「一人で出来た!」笑)。
MDPでチョペさんが、「プレミアではもっと前からプレスをかけていく」と話していて、そう思っているならあの前線でののんびりさは何なんだと試合前に疑問だったのだが、今日はチョペさんも周りも、前からどんどんプレスをかけに出て行った。昨年からずっと、プレスの末のショートカウンターだけだと疲れるので後ろからつないで崩せるようになろうと模索して、上手くいかずにいるのだと思うが、今日の試合は再び起点まで戻したということになるのだろうか。
前半膠着状態の中、ルーカスのDFをかわして切り込んでのシュートはゴラッソだった。しかし後半の3点は相手DFのミスに乗じたものなので、手放しで喜んでもいられない。とか言いつつ、ヒロミのように飛び跳ねて喜びましたが。リチェのスピードは、秘密兵器というより隠し武器の飛び道具だよね。たまに出てくるから、相手がよくわからないままにやられてくれる。コンスタントに出場機会を得たときにどうするかが、リチェの今後の課題だね。
千葉については、攻撃より守備が問題なのかなと。今日の東京攻撃陣と相性が悪過ぎただけかもしれないが、阿部・坂本が移籍して、ストヤノフも不在というのは、さすがにすぐには埋められないのだろう。

今ちゃんに「サポーターも浮かれないように」と言われたけれど、久し振りに気持ちよく点が入ったので、ハシゴ観戦のマリサポさんを交えて飛田給で祝杯。兜の緒は明日から締めます。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41792154
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック