2016年03月03日

T1 第4節 FC東京U-18Bvs國學院久我山高校 武蔵野苑人工芝グランド

3試合目だけれど、第3節の試合が4/29開催予定なので今日は第4節です。

FC東京U-18B [ 2 - 3 ] 國學院久我山高校

【FC東京U-18B】=============================
−−−−36杉山−−−18鈴木郁−−−−
38小林幹−−−−−−−−−−−26吹野
−−−−34品田−−−32小林真−−−−
28荒川−37長谷川光−35篠原新−22吉村
−−−−−−−−30高瀬−−−−−−−


【國學院久我山高校】=============================
−−−−−−−32安藤−−−−−−−
39三富−−−−−−−−−−−30三橋
−−−−55鵜生川−−27名倉−−−−
−−−−−−−69知久−−−−−−−
81松本−17上加世田−50澤田−48川野
−−−−−−−96平田−−−−−−−


久我山の背番号は練習用の仮の番号。キャプテンマークの名倉は深川出身、鈴木郁、品田ら2年生と同期。平田はむさし出身、小林幹、小林真、杉山ら1年生と同期。試合前からワクワクしているのは、ユースファンだけではないはず。

-----
3分、左で名倉がボールを持ち、切り返して中へパス。三富(?)→安藤と小さくつないでのシュートは枠外。

名倉が鼻血でいったん外へ。

11分、中盤右で鵜生川がパスカットからドリブルして前へパス、安藤が受けてシュートはGK30高瀬がキャッチ。
久我山のプレスが速く、ショートパスが雑になると狙われる。立ち上がりは押されたが、20分頃からはだいぶ慣れて速いパスでつないで行けるようになり、一進一退の攻防戦に。

22分、右スローインから18鈴木郁がミドルシュート。GK平田がキャッチ。
25分、後方のパス回しから左でフリーになった28荒川が受けて前へドリブル。38小林幹とのワンツーで抜け出しエンドライン際からマイナスのパスを送ると、小林幹がミドルシュート。GK平田がキャッチ。
26分、右からのクロスをファーで三富が受けてシュート、GK30高瀬がはじく。正面にこぼれたボールを受けて名倉がシュートを打つがDFがブロックしてクリア。
28分、左遠めからのFKを35篠原がクリア。こぼれたボールを追って、34品田が大きく前へフィードを送る。カウンターで走った36杉山が受けて、さらに左を並走する18鈴木郁の前へパス。しかしわずかに追いつかず、ボールは外へ。

30分、38小林幹のドリブルから左CK。34品田が入れたボールにニアで35篠原が頭で合わせてゴール。【1-0】

先制したものの、久我山の縦への短いドリブルと組み合わせたパスワークに振り回され始める。
35分、中盤右でボールを持った名倉がドリブル、左から走り込む三富をおとりにしてそのままグラウンダーのミドルシュート。身体を倒したGK高瀬の手をすり抜けてゴールが決まる。ゴラッソに湧く東京サポ(笑)。【1-1】

取られたら取り返す。
38分、28荒川からパスを受けて18鈴木郁が左サイドをドリブル。DFに囲まれるが粘ってキープからのミドルシュートがズドンと決まる。またまたゴラッソ! 同期対決にさらに浮かれる東京サポ(笑)。【2-1】

ところが今度は取ったら取り返される。
39分、中央右で名倉が32小林真と競り合いながらドリブル、振り切って前へボールを運び、32安藤へパス。安藤が前に出したボールに後ろから55鵜生川が走り込んでシュート。再び同点に。小柄な名倉の身体の強さが光る。【2-2】

41分、久我山の交代、39三富→41戸田。

44分、18鈴木郁からパスを受けて38小林幹がシュート。GK平田がさわり逸れたボールを右で拾ってつなぎ、小林幹がシュートを打つがGK平田がキャッチ。

-----
後半。
52分、左サイドに移った鵜生川からのパスに安藤がドリブルで抜け出すが、GK高瀬が飛び出してキャッチ。

53分、左から鵜生川がドリブルで持ち上がりクロスを入れる。ファーに走り込んだ名倉がダイレクトでシュートを打つが、GK高瀬がさわり左CK。これはクリア。

54分、DFラインでのパスを鵜生川がカット、そのままドリブルして左からシュート。ズドンと決まって久我山に逆転される。【2-3】

イージーなミスからの失点にやや下を向く東京の選手たち。しかしすぐに切り替え、速いパスを粘ってつないでいく。

61分、34品田のパスはDFに当たるが、18鈴木郁が拾って抜け出しシュート。GK平田がはじいたところに38小林幹が詰めて、左から角度なしのシュート。しかしバーに当たる。

ここから試合はカウンター合戦の様相に。久我山は鵜生川の縦ドリブルから中、右、とつなぐ形。名倉にボールが入ると一気にスピードが上がる。東京はボランチ34品田が気迫の守備でボール奪取。闘将モードのマナトは久しぶりに見る気がする。

67分、東京の交代、18鈴木郁→39原。

77分、東京の交代、36杉山→42吉田。吉田が右に入り、26吹野が左へ。トップに38小林幹と39原が並ぶ。

78分、左からサイドチェンジを受けて吉田がドリブル。DFを切り返してシュートを打つが、GK平田の股抜きは失敗。

79分、久我山の交代、30三橋→82加藤。

83分、東京の交代、足の攣った26吹野→43長谷川大。成立の交代、55鵜生川→31内田。

85分、右で42吉田がフリーで受けてドリブルからクロスを入れるが、38小林幹は打ち切れずDFがクリア。32小林真が拾って左前へパス。34品田が走り込み中へ折り返すと、これを受けた小林幹がターンしてミドルシュート。しかし枠外。

86分、42吉田が右から切り込み、38小林幹とのワンツーを受けてミドルシュート。枠外。

87分、右遠めからの34品田のFKはGK平田がはじく。こぼれをつないでもう一度品田が入れたクロスに、ゴール前で37長谷川光がバイシクルシュート。しかしGK平田がキャッチ。

88分、久我山の交代、81松本→51金田。

AT5分。

90+2分、右から32小林真→38小林幹→走り込んだ28荒川とつないで、荒川が切り返してシュートを打つがサイドネット。

90+4分、久我山の交代、82加藤→53山口。

90+5分、32小林真からスルーパスを受けて38小林幹がシュートを打つが、DFがブロック。

90+6分、34品田の右CKはニアで42吉田の足元に入り、こぼれたボールを28荒川がシュート。しかしDFがブロックして、これ以上CKにはならず試合終了。【2-3】

-----
終盤に猛攻を仕掛けたが、追いつき逆転とはならなかった。高校サッカーの注目選手となったかつてのチームメイトとの対戦で、それぞれ燃えていただけに悔しいだろうが、試合は大変面白かった。
東京U-18BのT1の試合はここからしばらく間が開き、次は4月中旬。この間には遠征や春フェスがあり、プレミアも開幕、新入生もやってくる。今年はさらにトップチームがJ3にも参戦するので、U-18Aチームから何人か引き抜かれることになり、A、Bチームともメンバーは色々と入れ替えになるだろう。
次に見るときにはどんなチームになっているのか、メンバーが変わってもチームのパフォーマンスを落とさずに戦っていけるか、楽しみです。

-----
恒例小ネタ。この試合の副審は相原君、4審は岩本君でした。2人ともどうもありがとう。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック